藤田四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤田四郎

藤田 四郎(ふじた しろう、文久元年6月18日[1]1861年7月25日) - 昭和9年(1934年1月9日[2])は、日本の農商務官僚貴族院勅選議員

経歴[編集]

志摩国鳥羽出身。鳥羽藩士・藤田龍三の三男に生まれ[3][4]、出生地は越後国西蒲原郡弥彦村[5]東京帝国大学法科大学卒業[6]明治18年(1885年)、外務省に出仕し御用掛外交官試補、外務省参事官となり、ベルリンウィーンの公使館に勤務した。その後逓信省に転じ、参事官と後藤象二郎逓信大臣の秘書官を兼ねた。さらに明治25年(1892年)には農商務省に転じ、参事官・後藤象二郎農商務大臣秘書官・特許局長・農務局長を歴任した[7]。明治31年(1898年)5月から7月まで農商務次官を務め、11月に再任された。明治33年(1900年)に次官が総務長官に改称されたが、そのまま留任して翌年まで務めた。退官後、貴族院議員に勅選された[8]錦鶏間祗候[9]

その他日本火災保険社長、台湾製糖会長などを務めた。

栄典[編集]

位階
勲章等

トリビア[編集]

東京府芝区三田二丁目(現、東京都港区三田2丁目)に存在した邸は、第二次大戦の戦災を免れ、戦後香川県に売却され、現在、東京さぬき倶楽部となっている。敷地内には当時の土蔵、木造建築が現存する。

家族・親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『貴族院議員氏名表』貴族院彙報附録、昭和2年12月20日、30頁。
  2. ^ 『官報』第2107号、昭和9年1月13日
  3. ^ 時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家 時事新報 1916.3.29-1916.10.6(大正5)、神戸大学新聞記事文庫
  4. ^ 『日本近現代人物履歴事典』445頁。
  5. ^ 日外アソシエーツ「新訂政治家人名辞典 明治~昭和」(2003年)
  6. ^ 『貴族院要覧』
  7. ^ 農商務省農務局長正五位藤田四郎叙勲ノ件
  8. ^ 『官報』第5376号、明治34年6月6日
  9. ^ 『官報』第6476号、明治38年2月3日
  10. ^ 『官報』第2932号「叙任及辞令」1893年4月12日。
  11. ^ 『官報』第3961号「叙任及辞令」1896年9月9日。
  12. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  13. ^ 『官報』第1218号「叙任及辞令」1916年8月21日。
  14. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  15. ^ 柳沢芙美子「杉田すゞについて―生立ち・英学への志向・幼稚園教育との関わりで―」『福井県文書館研究紀要』11、2014年2月

参考文献[編集]