藤原信家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤原信家
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 寛仁2年12月23日1019年1月31日
死没 康平4年4月13日1061年5月5日
別名 山井大納言
官位 正二位権大納言
氏族 藤原北家御堂流
父母 父:藤原教通、母:藤原公任の娘
兄弟 静円信家通基歓子信長静覚
正室:儇子内親王敦明親王の娘)
養子:忠綱藤原宗家源麗子
テンプレートを表示

藤原 信家(ふじわら の のぶいえ)は、平安時代中期から後期の公卿関白太政大臣藤原教通の長男。山井第を伝領したことから山井大納言と号した。

経歴[編集]

寛仁2年(1019年内大臣であった藤原教通の長男として誕生。長元3年(1030年)に元服するが、摂関の座にあった伯父・頼通猶子となっていた[1]ことから正五位下に直叙され、侍従に任ぜられる。右近衛中将を経て、長元6年(1033年)15歳にして従三位に叙せられ公卿に列す。

長元9年(1036年)に従二位権中納言長久2年(1041年)には正二位藤原道長の孫の代としては先頭を切って順調に昇進し、永承2年(1047年)には実父・教通の右大臣就任と同日に、先任の権中納言で既に60歳を過ぎていた小野宮流藤原経通資平兄弟を超えて権大納言に昇任している。

その後は、父の教通や伯父の頼通・頼宗能信長家兄弟や源師房が健在だったこともあり、長く権大納言の官職に留まる。しかし、康平3年(1060年)伯父・頼通の六男で前々年に権大納言に昇進したばかりの師実が、17歳ながら信家を飛び越えて内大臣に任ぜられたことを苦にして籠居、翌康平4年(1061年)4月8日に権大納言を辞し、13日出家し即日薨去した。胃病であったという。

官歴[編集]

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『栄花物語』歌合
  2. ^ 小右記
  3. ^ 公卿補任』『日本紀略
  4. ^ 『公卿補任』『扶桑略記』『歴代編年集成』『一代要記』ほか
  5. ^ 『公卿補任』『山槐記』『一代要記』『尊卑分脈』ほか