藤原経通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 経通(ふじわら の つねみち、天元5年(982年) - 永承6年1月18日1051年3月3日)または8月16日9月23日[1])は、平安時代公卿藤原懐平の長男。土御門帥と号す。

経歴[編集]

永祚2年(990年従五位下叙爵近江権介左中弁蔵人頭などを歴任し、寛仁3年(1019年参議に任じられ公卿に列す。長元10年(1037年禎子内親王中宮冊立の際には宣命使を務めている。

治部卿等を経て、正二位権中納言 、右兵衛督を兼ねた。寛徳3年(1046年)に大宰権帥に任じられた後、永承6年(1051年薨去享年70。

官歴[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 尊卑分脈

参考文献[編集]