藤原忠綱 (御堂流)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
藤原忠綱
時代 平安時代中期 - 後期
生誕 不明
死没 応徳元年(1084年
官位 正四位下春宮亮
主君 後三条天皇白河天皇
氏族 藤原北家御堂流
父母 父:藤原頼通、母:藤原頼成娘・祇子
養父:藤原信家
兄弟 通房橘俊綱覚円、定綱、忠綱
寛子後冷泉天皇皇后)、師実
養兄弟:嫄子敦康親王長女)、
源俊房仁覚源師房長男・三男)、
信家(藤原教通長男)
藤原範永
長兼基兼、真覚
テンプレートを表示

藤原 忠綱(ふじわら の ただつな)は、平安時代中期から後期にかけての貴族藤原北家関白藤原頼通の五男。官位正四位下春宮亮

頼通の正室・隆姫女王への配慮により、従兄に当たる大納言藤原信家の養子とされる。近江守・春宮亮を歴任した。

系譜[編集]