藤原忠綱 (御堂流)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 忠綱(ふじわら の ただつな、生年不詳 - 応徳元年(1084年))は、平安時代中期から後期の貴族官位正四位下・春宮亮

摂政関白太政大臣を務めた藤原頼通の五男だが、頼通の正室・隆姫女王への配慮により、従兄に当たる大納言藤原信家の養子とされる。近江・春宮亮を歴任した。

系譜[編集]