藤原はづき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 はづき(ふじわら はづき)は、アニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズの魔女見習いの少女。MAHO堂に所属する「おジャ魔女」の一人。担当声優秋谷智子

プロフィール[編集]

  • 1991年(平成3年) 2月14日生まれのみずがめ座でA型。
  • 父親は映画監督の藤原明、母親はインテリアコーディネーターの藤原麗子。家にはお世話係の市川小雪(ばあや)が住み込んでいる。
  • ソナチネ幼稚園⇒美空市立美空第一小学校3年2組⇒4年2組⇒5年2組⇒6年2組⇒私立カレン女学院(音楽科ヴァイオリン専攻)中等部⇒高等部へ進学。
  • 魔女見習い服はオレンジ。お付きの妖精は「レレ」。ヴァイオリンの音がするポロンを使っている。魔法の呪文は「パイパイポンポイ プワプワプー」。マジカルステージでは「パイパイポンポイ しなやかに」。ロイヤルパトレーヌの時は「パイパイパトレーヌ
  • ホウキに乗って空を飛ぶ時、彼女とおんぷは横向きに座る[1]
  • ハナちゃんの乳児時代の架空の父親役である。しかし、当人は母親役がよかったと言っている[2][3]

人物[編集]

どれみの幼馴染。大きなオレンジ色のリボンでポニーテールにしている、MAHO堂のメンバーで唯一のメガネっ子。眼鏡を外した姿は稀にしか出てこなかったが、これといって変わった作画はなされていない[4]。また、場面に応じて眼鏡そのものにコミカルな作画が与えられることはよくあった[5]。どれみとは対照的な性格で、おっとりとしている。少しとぼけた一面もあるが、些細なことで頑固なところも見せる。ストーリーが始まった時点で既にどれみの親友だった。どれみが魔法を使うところを見てしまい、どれみが魔女ガエルになるのを防ぐため、どれみと一緒に魔法修行をすることとなった。魔女を目指すに当たっての動機は「自分の意見をしっかり言える勇気が欲しい[6]」。第2期まではクリーム色のチョッキに橙色のプリーツスカートを着用、髪と瞳は茶色。

魔女見習いとしてもしっかり者ではあったが[7]、一度友人を思うがゆえに禁呪を使ったため[8]、魔法を10日間だけ使用禁止になったことがあった[9]。ハナちゃんの一件以後も、FLAT4(特にフジオ)を苦手にしている。

優等生[10]で、振る舞いはおしとやかであり、周囲が慌てふためく中で冷静に行動できる子である[11]。しかし、オバケが大嫌いなため怪談話や肝試しなどでよく壊れる。怖さのあまり我を失い、運動能力が高いあいこを投げ飛ばし、クラスをめちゃくちゃにしてしまったこともある。この壊れた状態ではももこに勝るとも劣らない独特の笑い声[12]を発することがある。第4期第1話でハナちゃんの魔力によりMAHO堂が変わった時、驚きのあまりももこの首を締めている。ヴァイオリン日本舞踊バレエなど数多くの習い事をこなしている。

お嬢様育ちであるがゆえか笑いのツボがズレており、例えばSOSトリオや第1期第19話に登場したパパイヤ兄弟の寒いギャグに周囲が引いているのにもかかわらず、彼女だけはウケている[13]。また、ばあやから教わっていた[14]ナポレオンズの「あったまぐるぐる」のような頭部回転マジックを、魔女界の忘年会の時に披露して女王様を驚かせたことがある[15]。どれみに対して「諦めが肝心よ」と言い放つ[16]など、まれに本音をそのまま言ってしまうことがある。第1期第36話の眠らないといけない場面でが違ってなかなか寝られなかったが、あいこの蹴りによりなんとか気絶することで眠れた。女子プロレスの試合をときどき観戦しており[17]、キャンディ伊藤の引退を聞いた時には涙を流していた[18]

かつては水泳を習っていたこともある[19]。裁縫が得意で[20]、ハナちゃんによだれかけ[20]や、手作りのサンタ服[21]をプレゼントしたこともある。同学年の矢田まさるとは幼馴染で両想いだが、二人とも不器用なため、恋人らしいおつきあいには至っていない。幼い頃にまさるからもらった鳩笛を、今も大切に持っている。

幼稚園の時どれみと大喧嘩をし[22]、仲直りのときにどれみといっしょに「赤とんぼ」を演奏したことからバイオリンが好きになる。また、第2期第19話で春風どれみと喧嘩したこともある(その後 2人を除く3人[23]のマジカルステージにより、5年前の幼稚園の仲直りを見て、再び仲直りができた)一時は「どれみと別れたくない」と美空中への進学を考えるも、ヴァイオリニストを目指す気持ちに気付き[24]、実績のある名門校カレン女学院への入学を決意する[25]。小学5年生になりMAHO堂SWEET HOUSE MAHO堂となるまでは料理は苦手で、SWEET HOUSE MAHO堂に変わった当初は卵を割ることさえも出来なかったが、特訓により卵をきれいに割ることが出来るようになった[26]。好きなスイーツはシフォンケーキ[27]。フリフリの洋服を着るのは嫌だが、人に着せるのは大好き[28]

「おジャ魔女戦隊マジョレンジャー」ではマジョオレンジを演じた。横川信子作の小説やマンガでははづき博士をやっている(容姿はお茶の水博士に似ているが、声ははづきその人)。人の足元くらいの大きさの忠犬どれみを改造してビルの高さのどれみロボへ変身できるようにした。

さらに時々占い師に変身し、「美空町の父」を自称して美空町の公園近くの路地にふぢはら堂というお店を一時的に開業することがある。今までに、長谷部たけし[29]と宮本まさはる[30]の悩みを解決した。手相を見てもらえるが、いつも暇なようで、タダで見てもらえる。

ハムスターが好きで、第3期第2話でハムスターに変身した時は「キャーキャー」と喜んでいた。さらに、第4期第3話ではハムスターに変身したどれみ達でお手玉もしていた。

どれみとは中学生になってからも毎週土曜日に会っていた。

第1期第32話での次回予告では体操服の名前が「はずき」と誤植されていたが、第33話の本編では「はづき」に修正されている。

第6期では、ヴァイオリンに専念するため他の習い事をすべて辞めている[31]
矢田との仲も続いてはいるが校則の為二人きりでデートすることが許されず、いつもばあやや母親に付き添われることに対し不満を漏らしていた。
第6期第4巻第6章で起きた事件により、家の方は破産してしまう、その為現在(いま)は奨学金制度を利用しカレン女学院に通っている、またそれまで住んでいた邸宅は借金の返済の為売却してしまったので、マンション暮らしをすることとなった[32]

脚注[編集]

  1. ^ 作中では場面によって、右・左どちらにも向いていた
  2. ^ 第2期第13話
  3. ^ なお第2期第20話では念願がかなって架空の母親役を務めることになった
  4. ^ ただし、第4期第28話のみ目が3の字になっていた
  5. ^ レンズが曇ったり、ハナちゃんの水晶玉が割れたと聞いたときにひびが入ったりするなど
  6. ^ 過保護に育てられたことから、自分を表現することを苦手としていることに加えて、周りの人間に気を使いすぎてしまうから
  7. ^ ただし、初めて見習い服に着替える際、もたついているうちに音楽が鳴り終わってしまって、見習い服が消えてしまった(第1期第4話)
  8. ^ 傷を負ったウサギを治すため。はづき自身がその反動により、瀕死の状態になってもおかしくはなかったが、魔女界の女王様の保護によって風邪だけで済んだ(第1期第18話)
  9. ^ ポロンを没収されただけで、見習い服に着替えることは可能であった(第1期第19話)
  10. ^ 成績表に「がんばりましょう」が1つあっただけで悲鳴を上げたこともある(第2期第1話)
  11. ^ 相手が伝えようとしている真意をしっかりと理解し、それを他の仲間へ分かりやすく伝えることができる
  12. ^ 「ウケケケケケケケ…」と聞こえる
  13. ^ 魔法の力でSOSトリオのギャグが面白くなっている時も、決して笑うことは無く、いつもと違うことを見抜いた(第2期劇場版)
  14. ^ はづきによると、ばあや直伝とのこと
  15. ^ 第1期第46話
  16. ^ 第1期第1話
  17. ^ 第1期第44話
  18. ^ 第4期第13話
  19. ^ 第5期第3話
  20. ^ a b 第2期第11話
  21. ^ 第3期第44話
  22. ^ 第2期第19話、ななこの会話にて判明。喧嘩の原因は幼稚園で飼育していて、はづきが最もかわいがっていたうさぎに関係していた。彼女が不在の時に誰かが小屋を閉め忘れたことが原因で、うさぎは野良犬に噛み殺されてしまう。うさぎの不在に戸惑うはづきにどれみは「母親のもとへ帰った」と嘘をつき、初めはそれを信じていたが、後にうさぎが死んでいた事実を知り「どれみちゃんの嘘つき!」と強い言葉を投げかけて互いの間に溝が出来てしまう。しかし、ななことまさるから真相を聞かされ、前述のことをどれみに謝罪し、わだかまりは氷解した。
  23. ^ その内訳は、あいこ・おんぷ・ぽっぷ(だがぽっぷの魔力が弱かった為失敗するところだったが、ハナが魔力のサポートをして成功した)
  24. ^ 将来の夢として「ヴァイオリニスト」を挙げていた(第4期第20話)
  25. ^ 第2期第5話ではすでに、カレン女学院へのあこがれの気持ちを語っていた
  26. ^ 第3期第3話
  27. ^ 第3期36話
  28. ^ ハナちゃんに贈ったよだれかけ(第2期第11話)や服(第2期第32話)はいずれもフリフリ付きだった
  29. ^ 第3期第15話
  30. ^ 第5期第8話
  31. ^ 第6期第1巻p64~65
  32. ^ 第6期第4巻第6章他

関連項目[編集]