菰野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菰野駅
駅舎(2007年1月)
駅舎(2007年1月)
こもの
Komono
K26 (2.6km)
(1.3km) 中菰野 K28
三重県三重郡菰野町大字菰野字辰己野892
駅番号  K27 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 K 湯の山線
キロ程 11.3km(近鉄四日市起点)
電報略号 コモ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,443人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1913年大正2年)6月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

菰野駅(こものえき)は、三重県三重郡菰野町大字菰野字辰己野にある、近畿日本鉄道(近鉄)湯の山線である。駅番号はK27

歴史[編集]

  • 1913年大正2年)6月1日 - 四日市鉄道の川島村(現在の伊勢川島) - 湯ノ山(現在の湯の山温泉)間の開通時に開業する[1]
  • 1931年昭和6年)3月1日 - 会社合併により三重鉄道の駅となる[2][3]
  • 1944年(昭和19年)2月11日 - 会社合併により三重交通の駅となる[1]
  • 1964年(昭和39年)
    • 2月1日 - 三重交通が鉄道事業を三重電気鉄道に分離譲渡し、三重電気鉄道の駅となる[1]
    • 3月1日 - 762mmから1,435mmへの改軌および架線電圧の直流1,500Vへの昇圧完成[4]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道湯の山線の駅となる[1]
  • 2007年平成19年)4月1日 - PiTaPaの供用を開始、簡易改札機を導入する[5]
  • 2012年(平成24年)
    • 11月 - 自動改札機および自動精算機を導入するとともに、2台ある自動券売機のうち1台について交通系ICカード対応となる。
    • 12月 - 駅係員無配置化が完了する(1番線およびコンコース内に防犯カメラと駅係員対応インターホンを設置)。

駅構造[編集]

構内を湯の山温泉方より見る(左:四日市方面、中:湯の山温泉方面、右:折り返し線)

近鉄四日市駅が管理する無人駅で、単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ、行き違い可能な地上駅である。島式ホームの南側(3番線)はかつて、当駅折り返しの列車や団体臨時列車で使用されており、湯の山温泉方が行き止まりになっているが、1985年のダイヤ変更で当駅折り返し列車が廃止されてからは団体臨時列車の運行もないため、保線機械の留置や回送車両の待避スペースとして使われる程度である。駅舎(改札口)は上り(北)側にあり、反対側の下り島式ホームへは構内踏切で連絡している。便所は上りホーム側にあり、男女別の水洗式である。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 K 湯の山線 上り 四日市名古屋方面
2 K 湯の山線 下り 湯の山温泉行き
3 (上り折返線、回送列車等の発着のみ)

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 1,908
1998年 1,785
1999年 1,714
2000年 1,637
2001年 1,549
2002年 1,433
2003年 1,436
2004年 1,448
2005年 1,441
2006年 1,455
2007年 1,443
2008年 1,423
2009年 1,362
2010年 1,369
2011年 1,458
2012年 1,486
2013年 1,537
2014年 1,467
2015年 1,443

菰野駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(菰野駅)[6]
年度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1958年(昭和33年) 420,369 ←←←← 248,183 668,552      
1959年(昭和34年)   ←←←←          
1960年(昭和35年)   ←←←←          
1961年(昭和36年)   ←←←←          
1962年(昭和37年)   ←←←←          
1963年(昭和38年)   ←←←←          
1964年(昭和39年)   ←←←←          
1965年(昭和40年) 711,600 ←←←← 231,610 943,210      
1966年(昭和41年) 695,760 ←←←← 227,417 923,177      
1967年(昭和42年) 696,720 ←←←← 232,456 929,176      
1968年(昭和43年) 679,110 ←←←← 247,792 926,902      
1969年(昭和44年) 722,490 ←←←← 261,418 983,908      
1970年(昭和45年) 721,680 ←←←← 242,391 964,071      
1971年(昭和46年) 736,380 ←←←← 224,973 961,353      
1972年(昭和47年) 729,360 ←←←← 225,921 955,281      
1973年(昭和48年) 720,660 ←←←← 232,148 952,808      
1974年(昭和49年) 771,330 ←←←← 243,883 1,015,213      
1975年(昭和50年) 781,560 ←←←← 246,465 1,028,025      
1976年(昭和51年) 743,580 ←←←← 237,542 981,122      
1977年(昭和52年) 709,860 ←←←← 247,137 956,997      
1978年(昭和53年) 708,870 ←←←← 256,909 965,779      
1979年(昭和54年) 706,080 ←←←← 258,269 964,349      
1980年(昭和55年) 734,550 ←←←← 257,879 992,429      
1981年(昭和56年) 718,230 ←←←← 251,510 969,740      
1982年(昭和57年) 700,470 ←←←← 255,769 956,239 11月16日 4,590  
1983年(昭和58年) 687,660 ←←←← 253,299 940,959 11月8日 4,549  
1984年(昭和59年) 690,750 ←←←← 236,066 926,816 11月6日 4,540  
1985年(昭和60年) 675,000 ←←←← 242,397 917,397 11月12日 4,680  
1986年(昭和61年) 661,980 ←←←← 239,400 901,380 11月11日 4,051  
1987年(昭和62年) 675,030 ←←←← 226,643 901,673 11月10日 4,320  
1988年(昭和63年) 668,580 ←←←← 224,628 893,208 11月8日 4,219  
1989年(平成元年) 675,540 ←←←← 219,433 894,973 11月14日 4,326  
1990年(平成2年) 668,520 ←←←← 222,097 890,617 11月6日 4,200  
1991年(平成3年) 651,270 ←←←← 223,589 874,859      
1992年(平成4年) 607,920 ←←←← 222,845 830,765 11月10日 3,830  
1993年(平成5年) 604,860 ←←←← 220,193 825,053      
1994年(平成6年) 596,460 ←←←← 209,814 806,274      
1995年(平成7年) 593,310 ←←←← 217,541 810,851 12月5日 3,890  
1996年(平成8年) 569,790 ←←←← 208,774 778,564      
1997年(平成9年) 502,620 ←←←← 193,943 696,563      
1998年(平成10年) 470,340 ←←←← 181,098 651,438      
1999年(平成11年) 457,290 ←←←← 170,039 627,329      
2000年(平成12年) 435,300 ←←←← 162,080 597,380      
2001年(平成13年) 405,750 ←←←← 159,570 565,320      
2002年(平成14年) 372,660 ←←←← 150,205 522,865      
2003年(平成15年) 377,490 ←←←← 148,186 525,676      
2004年(平成16年) 384,390 ←←←← 144,033 528,423      
2005年(平成17年) 383,130 ←←←← 142,732 525,862 11月8日 2,385  
2006年(平成18年) 391,380 ←←←← 139,858 531,238      
2007年(平成19年) 389,640 ←←←← 138,388 528,028      
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 2,268  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←     11月9日 2,447  
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←     11月13日 2,521  
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          
2015年(平成27年)   ←←←←     11月10日 2,499  
2016年(平成28年)   ←←←←          

駅周辺[編集]

駅の四日市方にある菰野変電所

バス路線[編集]

駅前より、菰野町コミュニティバスが運行されている。運転頻度は、どのコースとも1日1 - 2本であるほか、日曜日は全便運休である。

  • 菰野駅前
    • 1コース 菰野東 - 菰野駅前 - 福王山
    • 2コース 菰野駅前 - 尾高駐車場
    • 3コース けやき - 菰野駅前 - 小島集落センター - けやき
    • 4コース けやき - 菰野駅前 - 鵜川原支所 - けやき
    • 7コース 菰野東 - 菰野駅前 - 福王山
    • 8コース 菰野駅前 - 小島集落センター

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
K 湯の山線
桜駅 (K26) - 菰野駅 (K27) - 中菰野駅 (K28)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、357-358頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ 『歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』では同年3月18日。
  4. ^ 「湯ノ山線改軌」、『鉄道ピクトリアル』第157号、電気車研究会、1964年5月、 86頁。
  5. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月17日閲覧。 
  6. ^ 三重県統計書(各年度版)、近鉄広報発行パンフレット「きんてつ」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]