高角駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高角駅
駅舎
駅舎
たかつの
Takatsuno
K24 伊勢川島 (1.4km)
(2.0km) K26
所在地 三重県四日市市高角町字境田2193-4
駅番号  K25 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 K 湯の山線
キロ程 6.7km(近鉄四日市起点)
電報略号 タカツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
558人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1913年大正2年)6月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示
構内を湯の山温泉方より見る

高角駅(たかつのえき)は、三重県四日市市高角町字境田にある、近畿日本鉄道(近鉄)湯の山線である。駅番号はK25

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線をもつ行違い可能な地上駅。駅舎(改札口)は上りホーム側湯の山温泉寄りにあり、反対側の下りホームへは構内踏切で連絡している。

近鉄四日市駅管理の無人駅

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 K 湯の山線 上り 四日市名古屋方面
2 K 湯の山線 下り 菰野湯の山温泉方面

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 818
1998年 844
1999年 791
2000年 761
2001年 701
2002年 666
2003年 642
2004年 626
2005年 595
2006年 559
2007年 551
2008年 557
2009年 564
2010年 572
2011年 568
2012年 554
2013年 558

高角駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 2005年11月8日の調査結果によると、1日の利用客は1,005人。
      • 近鉄の全調査対象駅(323駅、但し調査当時)中、247位。
      • 湯の山線の駅(10駅、近鉄四日市駅含む)の中では、9位。
      • 三重県内の近鉄の駅(116駅、但し調査当時)の中では、70位。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(高角駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1958年(昭和33年) 98,513 ←←←← 41,619 140,132      
1959年(昭和34年)   ←←←←          
1960年(昭和35年)   ←←←←          
1961年(昭和36年)   ←←←←          
1962年(昭和37年)   ←←←←          
1963年(昭和38年)   ←←←←          
1964年(昭和39年)   ←←←←          
1965年(昭和40年) 298,080 ←←←← 44,592 342,672      
1966年(昭和41年) 277,200 ←←←← 45,237 322,437      
1967年(昭和42年) 265,230 ←←←← 46,486 311,716      
1968年(昭和43年) 245,250 ←←←← 51,282 296,532      
1969年(昭和44年) 251,550 ←←←← 54,363 305,913      
1970年(昭和45年) 275,970 ←←←← 53,931 329,901      
1971年(昭和46年) 278,610 ←←←← 54,935 333,545      
1972年(昭和47年) 272,580 ←←←← 56,936 329,516      
1973年(昭和48年) 277,200 ←←←← 60,426 337,626      
1974年(昭和49年) 291,060 ←←←← 67,741 358,801      
1975年(昭和50年) 304,200 ←←←← 69,787 373,987      
1976年(昭和51年) 309,900 ←←←← 58,678 368,578      
1977年(昭和52年) 286,230 ←←←← 65,895 352,125      
1978年(昭和53年) 283,710 ←←←← 63,942 347,652      
1979年(昭和54年) 282,630 ←←←← 63,444 346,074      
1980年(昭和55年) 290,910 ←←←← 62,067 352,977      
1981年(昭和56年) 272,190 ←←←← 58,955 331,145      
1982年(昭和57年) 285,900 ←←←← 60,668 346,568 11月16日 1,715  
1983年(昭和58年) 276,540 ←←←← 60,762 337,302 11月8日 1,634  
1984年(昭和59年) 272,100 ←←←← 58,397 330,497 11月6日 1,452  
1985年(昭和60年) 276,690 ←←←← 60,749 337,439 11月12日 1,679  
1986年(昭和61年) 269,400 ←←←← 63,246 332,646 11月11日 1,665  
1987年(昭和62年) 253,830 ←←←← 73,953 327,783 11月10日 1,950  
1988年(昭和63年) 257,100 ←←←← 87,217 344,317 11月8日 1,772  
1989年(平成元年) 255,120 ←←←← 82,089 337,209 11月14日 1,727  
1990年(平成2年) 257,580 ←←←← 82,584 340,164 11月6日 1,749  
1991年(平成3年) 259,050 ←←←← 84,388 343,438      
1992年(平成4年) 266,160 ←←←← 82,302 348,462 11月10日 1,702  
1993年(平成5年) 265,770 ←←←← 78,582 344,352      
1994年(平成6年) 267,720 ←←←← 77,867 345,587      
1995年(平成7年) 273,600 ←←←← 86,964 360,564 12月5日 1,690  
1996年(平成8年) 262,290 ←←←← 83,255 345,545      
1997年(平成9年) 221,670 ←←←← 76,755 298,425      
1998年(平成10年) 230,910 ←←←← 77,013 307,923      
1999年(平成11年) 214,740 ←←←← 74,633 289,373      
2000年(平成12年) 202,230 ←←←← 75,478 277,708      
2001年(平成13年) 184,830 ←←←← 71,013 255,843      
2002年(平成14年) 173,970 ←←←← 69,148 243,118      
2003年(平成15年) 168,990 ←←←← 66,117 235,107      
2004年(平成16年) 165,810 ←←←← 62,599 228,409      
2005年(平成17年) 154,140 ←←←← 63,121 217,261 11月8日 1,005  
2006年(平成18年) 142,650 ←←←← 61,522 204,172      
2007年(平成19年) 139,950 ←←←← 61,875 201,825      
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 981  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←     11月9日 1,065  
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←     11月13日 1,061  
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          
2015年(平成27年)   ←←←←     11月10日 1,051  


駅周辺[編集]

駅前広場

バス路線[編集]

最寄り停留所は、近鉄高角駅と国道477号線沿いにある高角となる。以下の路線が乗り入れ、三重交通により運行されている。

近鉄高角駅

高角

  • 78系統:大井寺経由近鉄四日市行、桜台行
  • 80系統:松本駅経由近鉄四日市行、桜花台行、桜台団地経由桜リサーチパーク行
  • 03系統:松本駅経由近鉄四日市行、桜リサーチパーク行

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
K 湯の山線
伊勢川島駅 (K24) - 高角駅 (K25) - 桜駅 (K26)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、357-358頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ 『歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』では同年3月18日。
  4. ^ 「湯ノ山線改軌」、『鉄道ピクトリアル』第157号、電気車研究会、1964年5月、 86頁。
  5. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]