伊勢川島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊勢川島駅*
駅舎
駅舎
いせ かわしま
Ise-Kawashima
K23 伊勢松本 (2.5km)
(1.4km) 高角 K25
所在地 三重県四日市市川島町字川原1052
駅番号  K24 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 K 湯の山線
キロ程 5.3km(近鉄四日市起点)
電報略号 カワシ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,298人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1913年(大正2年)6月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 1954年に川島村駅から改称。
テンプレートを表示

伊勢川島駅(いせかわしまえき)は、三重県四日市市川島町字川原にある、近畿日本鉄道(近鉄)湯の山線である。駅番号はK24

歴史[編集]

駅構造[編集]

構内を四日市方より見る

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。改札口は1ヶ所のみ。出入口は南北双方に1ヶ所ずつあり、南側の出入口は橋上駅舎と同じレベルに近い高度にある。一線スルー化はなされていない。

以前は南側ホーム(現在の2番ホームにあたる)のみの島式ホーム駅だったが、現在は工事車両用係留線に使われている。

近鉄四日市駅管理の無人駅

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 K 湯の山線 上り 四日市名古屋大阪方面
2 K 湯の山線 下り 菰野湯の山温泉方面

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[6]

  • 2015年11月10日:2,599人
  • 2012年11月13日:2,016人
  • 2010年11月9日:2,377人
  • 2008年11月18日:2,341人
  • 2005年11月8日:2,218人

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 1,538
1998年 1,531
1999年 1,470
2000年 1,443
2001年 1,419
2002年 1,433
2003年 1,427
2004年 1,385
2005年 1,365
2006年 1,342
2007年 1,325
2008年 1,313
2009年 1,268
2010年 1,296
2011年 1,263
2012年 1,245
2013年 1,298

伊勢川島駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 2005年11月8日の調査結果によると、1日の利用客は2,218人。
      • 近鉄の全調査対象駅(323駅、但し調査当時)中、189位。
      • 湯の山線の駅(10駅、近鉄四日市駅含む)の中では、5位。
      • 三重県内の近鉄の駅(116駅、但し調査当時)の中では、39位。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(伊勢川島駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1958年(昭和33年) 142,985 ←←←← 87,301 230,286      
1959年(昭和34年)   ←←←←          
1960年(昭和35年)   ←←←←          
1961年(昭和36年)   ←←←←          
1962年(昭和37年)   ←←←←          
1963年(昭和38年)   ←←←←          
1964年(昭和39年)   ←←←←          
1965年(昭和40年) 236,550 ←←←← 79,775 316,325      
1966年(昭和41年) 221,590 ←←←← 83,508 295,098      
1967年(昭和42年) 214,590 ←←←← 79,879 294,469      
1968年(昭和43年) 212,970 ←←←← 78,667 291,637      
1969年(昭和44年) 212,820 ←←←← 83,791 296,611      
1970年(昭和45年) 202,680 ←←←← 80,719 283,399      
1971年(昭和46年) 205,830 ←←←← 85,175 291,005      
1972年(昭和47年) 211,680 ←←←← 87,525 299,205      
1973年(昭和48年) 211,170 ←←←← 90,347 301,517      
1974年(昭和49年) 221,460 ←←←← 92,022 313,482      
1975年(昭和50年) 217,440 ←←←← 93,395 310,835      
1976年(昭和51年) 205,800 ←←←← 85,360 291,160      
1977年(昭和52年) 212,910 ←←←← 96,580 309,490      
1978年(昭和53年) 243,450 ←←←← 107,039 350,489      
1979年(昭和54年) 268,590 ←←←← 111,013 379,603      
1980年(昭和55年) 302,970 ←←←← 118,623 421,593      
1981年(昭和56年) 320,010 ←←←← 125,631 445,641      
1982年(昭和57年) 326,730 ←←←← 138,678 465,408 11月16日 2,389  
1983年(昭和58年) 344,130 ←←←← 144,341 488,471 11月8日 2,306  
1984年(昭和59年) 347,910 ←←←← 141,901 489,811 11月6日 2,323  
1985年(昭和60年) 363,240 ←←←← 151,397 514,637 11月12日 2,489  
1986年(昭和61年) 384,570 ←←←← 157,084 541,654 11月11日 2,519  
1987年(昭和62年) 399,660 ←←←← 153,897 553,557 11月10日 2,655  
1988年(昭和63年) 412,470 ←←←← 163,059 575,529 11月8日 2,742  
1989年(平成元年) 426,240 ←←←← 163,037 589,277 11月14日 3,095  
1990年(平成2年) 446,010 ←←←← 160,858 606,868 11月6日 2,920  
1991年(平成3年) 456,840 ←←←← 162,434 619,274      
1992年(平成4年) 459,150 ←←←← 160,279 619,429 11月10日 2,833  
1993年(平成5年) 454,200 ←←←← 155,626 609,826      
1994年(平成6年) 446,100 ←←←← 150,220 596,320      
1995年(平成7年) 450,720 ←←←← 157,164 607,884 12月5日 2,884  
1996年(平成8年) 446,640 ←←←← 149,859 596,499      
1997年(平成9年) 419,130 ←←←← 142,334 561,464      
1998年(平成10年) 417,870 ←←←← 140,829 558,699      
1999年(平成11年) 408,450 ←←←← 129,416 537,866      
2000年(平成12年) 394,560 ←←←← 132,019 526,579      
2001年(平成13年) 385,230 ←←←← 132,575 517,805      
2002年(平成14年) 384,930 ←←←← 129,573 514,503      
2003年(平成15年) 389,670 ←←←← 132,643 522,313      
2004年(平成16年) 380,520 ←←←← 125,071 505,591      
2005年(平成17年) 373,830 ←←←← 124,548 498,378 11月8日 2,218  
2006年(平成18年) 365,280 ←←←← 124,404 489,684      
2007年(平成19年) 361,440 ←←←← 123,453 484,893      
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 2,341  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          
2015年(平成27年)   ←←←←          


駅周辺[編集]

南口駅前広場

バス路線[編集]

最寄り停留所は、川島駅前と国道477号線沿いにある川島となる。以下の路線が乗り入れ、三重交通により運行されている。

川島駅前

  • 04系統:悠彩の里、松本駅前経由近鉄四日市行

川島

  • 78系統:桜台行、大井寺経由近鉄四日市行
  • 80系統:松本駅前経由近鉄四日市行、桜花台行、桜台団地経由桜リサーチパーク行
  • 03系統:松本駅前経由近鉄四日市行、桜リサーチパーク行

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
K 湯の山線
伊勢松本駅 (K23) - 伊勢川島駅 (K24) - 高角駅 (K25)
  • 1952年まで、伊勢松本駅と当駅の間に小生駅が存在した(正式に廃止されたのは1969年)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、357-358頁。全国書誌番号:21906373
  3. ^ 『歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』では同年3月18日。
  4. ^ 「湯ノ山線改軌」、『鉄道ピクトリアル』第157号、電気車研究会、1964年5月、 86頁。
  5. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月17日閲覧。 
  6. ^ 駅別乗降人員 湯の山線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]