芹沢銈介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
芹沢けい介から転送)
芹沢銈介
Keisuke Serizawa photographed by Shigeru Tamura.jpg
1941年撮影
生誕大石銈介
(1895-05-13) 1895年5月13日
日本の旗 日本 静岡県静岡市本通一丁目
死没 (1984-04-05) 1984年4月5日(88歳没)
日本の旗 日本 東京都
国籍日本
著名な実績染色工芸
受賞人間国宝(1956年)、紫綬褒章(1966年)、文化功労者(1976年)、フランス芸術功労勲章(1983年)

芹沢 銈介(せりざわ けいすけ、芹澤銈介、1895年明治28年)5月13日 - 1984年昭和59年)4月5日)は、日本の染色工芸家静岡県静岡市(現・葵区)生まれで、静岡市名誉市民[1]文化功労者重要無形文化財「型絵染」の保持者(人間国宝)。民芸運動の共鳴者でもあり、提唱した柳宗悦とともに日本各地を訪ねて民芸品民具を調査した[2]20世紀日本の代表的な工芸家として内外から高く評価されており、静岡市立芹沢銈介美術館[2]が開設されている。

人物[編集]

実家の呉服商が焼失したため画家の夢を諦めて図案を学び、30歳代半ばから染色を手掛けるようになった[2]。オリジナリティあふれる作品群を生み出したほか、本の装丁など商業デザインも手がけた。ビジネス面での優れた企画力を持ち、第二次世界大戦後の不足下では和紙の型染カレンダーを製作してヒット商品とした[2]。また、その選美眼で世界各地の民芸品や工芸品美術品を蒐集した。東北地方、ことに仙台の街や鳴子温泉を愛したことでも知られる。多摩造形芸術専門学校、女子美術大学静岡女子短期大学家政科などで教鞭も執った。息子の芹沢長介考古学者として活躍し、晩年は東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館の館長を務めた。

経歴[編集]

賞典[編集]

  • 1966年 紫綬褒章
  • 1970年 勲四等瑞宝章
  • 1967年 静岡市名誉市民
  • 1983年 フランス政府より芸術文化功労賞
  • 1984年 死去に伴い正四位勲二等瑞宝章追贈

作品[編集]

芹沢は確かなデッサン力と紅型(びんがた)、江戸小紋伊勢和紙などの各地の伝統工芸の技法をもとに、模様、植物、動物、人物、風景をモチーフとした、オリジナリティあふれる、和風でシックな作品を次々と生み出していった。

「型絵染(かたえぞめ)」は芹沢が創始した技法で、人間国宝に認定された折にこの呼び名が案出された。一般的な「型染」が絵師・彫師・染師といった職人の分業によって制作される一方、「型絵染」は作品の全工程を芹沢ひとりで手がけていた。こうした手法が、人間国宝認定の理由にもなったとされている。

芹沢の仕事は、着物、帯、さか夜具、暖簾(のれん)、屏風(びょうぶ)、壁掛け、本の装丁、カレンダー、ガラス絵、書、建築内外の装飾設計(大原美術館工芸館)など、素材・用途ともに多岐にわたっている。

  • 『紺地杓子菜文麻地壁掛』(染め、国画会に初出品)
  • いそほ物語絵巻』(新興民芸展に出品)
  • 『絵本どんきほうて』
  • 法然上人絵伝
  • 『東北窯めぐり』『益子日帰り』
  • 『四季曼荼羅二曲屏風』(ケネディ記念館のため)
  • 『荘厳飾り布』(知恩院大殿内陣

書籍[編集]

  • 『自選 芹沢銈介作品集』全2巻 築地書館 1967-68年
  • 『型絵染 芹沢銈介珠玉作品原色図録』三一書房 1968年
  • 『芹沢銈介手控帖』求龍堂 1969年。杉本健吉
  • 『装幀図案集』全3巻 吾八 1971-73年
  • 『世界の民芸』浜田庄司外村吉之介共著、朝日新聞社 1972年。菅野喜勝 写真
  • 『芹沢銈介 人と仕事』ギャラリー吾八 1973年。展覧会図録
  • 『芹沢銈介の五十年 作品と身辺の品々』天満屋 1974年。展覧会図録
  • 『板絵の控』求龍堂 1976年
  • 『新版絵本どんきほうて 型染』吾八 1976年
  • 『芹沢銈介作品集』全6巻 求龍堂 1978-80年。水尾比呂志
  • 芹沢銈介全集』全31巻 中央公論社 1980-83年
  • 『歩 芹沢銈介の創作と蒐集』紫紅社 1982年
  • 『沖縄風物』ギャラリー吾八 1985年。展覧会図録
  • 『芹沢銈介型紙集』日本民藝協会編、芸艸堂「民藝叢書」 1986年
  • 『芹沢銈介の文字絵・讃』芹沢長介・杉浦康平編著、里文出版 1997年
  • 『芹沢銈介作品集』芹沢長介監修 求龍堂 2006年 - 以下は作品群と蒐集品を紹介
  • 『染色の挑戦 芹沢銈介』平凡社〈別冊太陽 日本のこころ〉 2011年
  • 『芹沢銈介文様図譜』平凡社〈コロナ・ブックス〉 2014年。静岡市立芹沢銈介美術館・東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館監修
  • 『芹沢銈介・装幀の仕事』小林真理編・解説、里文出版 2016年
  • 『芹沢銈介の静岡時代』静岡新聞社 2016年。静岡市立芹沢銈介美術館監修
  • 『芹沢銈介の日本』平凡社〈別冊太陽 日本のこころ〉 2021年。芹沢銈介美術館監修

商業デザイン[編集]

また、芹沢のデザインは商業デザインとして、着物、屏風、のれん、卓布、風呂敷、装丁本、物語絵、ガラス絵、カレンダー、蔵書票など、様々な生活用品にも取り入れられている。

収集品[編集]

その一方、アジアを始め世界各国の民具や民俗工芸品の蒐集でも知られ、その一端は各地の美術館で見ることができる。以下は世界各国の工芸品コレクションの一端である。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 名誉市民 - 静岡市
  2. ^ a b c d 【ニッポン絵ものがたり】芹沢銈介「ばんどり図四曲屏風」村の手仕事へ 敬意と哀惜『読売新聞』日曜朝刊別刷り「よみほっと」2021年11月7日
  3. ^ 各務鑛三 かがみ こうぞう『東京工業大学130年史』
  4. ^ 「道たどりきて喜びしみじみ 文化勲章受章者と功労者 芹沢銈介」『朝日新聞』夕刊1976年(昭和51年)10月26日3版8面
  5. ^ 美術館沿革

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

砂川七郎が柏市に寄贈した芹沢けい介の作品コレクション。かつては柏市立砂川美術工芸館(2007年6月30日閉館)で公開されていた。