外村吉之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

外村吉之介(とのむら きちのすけ、1898年明治31年)9月27日 - 1993年平成5年)4月15日)は、民芸運動家、染織家。滋賀県出身。甥に歌人の塚本邦雄1920年 - 2005年)がいる。

略歴[編集]

1898年(明治31年)9月27日、滋賀県神崎郡五個荘町川並(現東近江市五個荘川並町)生まれ、1925年大正14年)に関西学院大学神学部を卒業した後、1932年昭和7年)手織物の創作活動を開始した。国画会会員、日本民芸協会常任理事などを歴任し、1993年(平成5年)4月15日死去した。

主な著書[編集]

  • 『岡山県の民芸』岡山民芸協会 1952
  • 『西欧の民芸』東峰出版 1962
  • 『沖縄の民芸』倉敷民芸館、1962年
  • 『岡山の民芸』日本文教出版 岡山文庫 1967
  • 『民芸遍歴』朝日新聞社、1969年
  • 『続・民芸遍歴』朝日新聞社、1974年
  • 『日々美の喜び 民藝五十年』講談社、1980年
  • 『満州・北京民芸紀行』花曜社、1983年
  • 『少年民藝館』用美社 1984 筑摩書房 2011年
  • 『喜びの美・亡びの美 民藝六十年』講談社、1988年
共著

関連項目[編集]

外部リンク[編集]