鈴木繁男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 繁男(すずき しげお、1914年 - 2003年)は、工芸作家。民芸運動家。

雑誌「工藝」の表紙を漆絵で製作したことで知られる。

略歴[編集]

静岡県静岡市に生まれ、34歳から磐田市に居住。昭和10年1935年)に柳宗悦門下となり、その後、陶芸家の道に進むことを決意した[1]。18歳から書生として宗悦のもとで暮らし、側近として生涯にわたって師事した[2]

昭和35年1960年)に磐田市中央町に窯を構えるが、腰を痛めて59歳で作陶を断念する。

平成5年1993年)、遠州民藝協会を設立。同協会の事務局長であった田中信之によれば、宗悦は実子である柳宗理よりも、繁男こそを民芸運動の後継者として考えていたという[3]

作品集[編集]

  • 鈴木繁男作品集

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ レファレンスデータサービス - 事例詳細” (日本語). www.lib-iwata-shizuoka.jp. 2018年6月23日閲覧。
  2. ^ 民藝(民芸)とは
  3. ^ 浜松の民芸運動の現代的評価に向けて(2)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]