芦森工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芦森工業株式会社
Ashimori Industry Co., Ltd.
Ashimori Industry Co., Ltd. logo.png
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3526
大証1部(廃止) 3526
2013年7月15日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
550-0014
大阪府大阪市西区北堀江3丁目10番18号
設立 1935年昭和10年)12月27日
業種 繊維製品
法人番号 3120001048973
事業内容 シートベルト消防用ホースの製造 他
代表者 代表取締役社長 缶文雄
資本金 83億8,800万円
発行済株式総数 60,569,390株
売上高 連結433億24百万円
(2013年3月期)
純資産 連結110億28百万円
(2013年3月)
総資産 連結333億12百万円
(2013年3月)
従業員数 連結2,146名(2013年3月)
決算期 3月
主要株主 東洋紡株式会社 (15.1%)
芦森工業取引先持株会 (3.66%)
株式会社三菱東京UFJ銀行 (2.88%)
(2013年3月)
主要子会社 関連会社参照
外部リンク http://www.ashimori.co.jp/
テンプレートを表示

芦森工業株式会社(あしもりこうぎょう、英称:Ashimori Industry Co.,Ltd.)は、大阪府大阪市西区北堀江本社を置く、主に消防車用のホース自動車用のシートベルト等の産業用資材の製造をおこなう企業である。

会社概要[編集]

消防車・消火栓用の放水ホースや乗用車用のエアバッグチャイルドシートなどの安全ベルト等の合成繊維によるロープ、ベルトなどの製造をおこなう。他にも漁業・船舶用も強く、主に合成繊維など産業資材の製造を主な事業分野としている。

かつては東洋紡が約15%を出資する筆頭株主であったが、2013年4月に日本毛織が筆頭株主となった。

沿革[編集]

  • 1878年明治11年) ‐ 創業。
  • 1935年昭和10年) ‐ 「株式会社芦森製綱所」として株式会社化。
  • 1944年(昭和19年) ‐ 「芦森工業株式会社」に改称。
  • 1950年(昭和25年) ‐ 大阪証券取引所に上場。
  • 1953年(昭和28年) ‐ 合成繊維ロープの製造を開始。
  • 1962年(昭和37年) ‐ 自動車用シートベルトの製造を開始。
  • 1989年平成元年) ‐ エアバッグの製造を開始。
  • 1990年(平成2年) ‐ シート造管工法「パルテムSZ」を開発。
  • 1991年(平成3年) ‐ パルテムHL工法がASTM認定される。
  • 1994年(平成6年) ‐ パルテムHL工法で全国発明表彰特別賞「朝日新聞発明賞」を受賞。
  • 2004年(平成16年) ‐ 「アシモリ・タイランド株式会社」を設立する。
  • 2013年(平成25年) ‐ 東洋紡が保有株式を全て日本毛織に譲渡。日本毛織が筆頭株主となる。

関連会社[編集]

  • 国内
    • 芦森工業山口株式会社
    • 芦森エンジニアリング株式会社
    • 芦森不動産株式会社
    • アシモリセンイ株式会社
    • ジェット商事株式会社
  • 海外
    • 芦森科技(無錫)有限公司
    • アシモリ・タイランド株式会社
    • Ashimori India Private LTD.
    • ASHIMORI KOREA CO.,LTD.
    • ASHIMORI INDUSTRIA de MEXICO,S.A. de C.V. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]