自由党 (オランダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オランダの旗 オランダ政党
自由党
Partij voor de Vrijheid(PVV)
PVV logo (2006–present).svg
党首 ヘルト・ウィルダース
成立年月日 2006年2月22日
第二院議席数
17 / 150   (11%)
(2021年3月17日)
第一院議席数
5 / 75   (7%)
(2019年5月27日)
政治的思想・立場 国民自由主義
ナショナリズム
反移民政策
EU懐疑主義
反イスラム
ポピュリズム
国際組織 アイデンティティと民主主義
公式サイト Partij Voor de Vrijheid
テンプレートを表示

自由党(じゆうとう、オランダ語: Partij voor de Vrijheid、略称:PVV)は、オランダ政党党首は党創設者であるヘルト・ウィルダース。第4次マルク・ルッテ内閣には野党の立場をとる。

概要[編集]

第二院(下院)議員であったヘルト・ウィルダースが2006年2月22日に設立した。一般に、右派ポピュリズム政党とみなされている[1]

イスラム、反移民、反EUの政策を掲げている。オランダの政治エリートの支配を批判する一方で、オランダの国民文化・統一・自治を強調するナショナリズムや、伝統的価値に基づく法と秩序の増進を求める主張を行っているとされる[2]

歴史[編集]

自由民主国民党(VVD)所属の第二院議員であったヘルト・ウィルダースは、トルコの欧州連合加盟に関する意見の相違から、2004年9月3日に党を離脱し、ウィルダースグループ(オランダ語: Groep Wilders)と呼ばれる一人会派を結成した。その後、ウィルダースは2006年2月22日に自由党(PVV)を設立した[3][4]。党名は、1946年から1948年まで存在していた自由党(オランダ語: Partij van de Vrijheid: PvdV)を彷彿とさせる名称とも言われる[3]

2006年の第二院選挙では9議席を獲得し、第5党となった。2007年の地方議会選挙には準備が間に合わず参加しなかった。

2009年の欧州議会選挙では、4議席を獲得して、第2党となった。なお、同年のリスボン条約の発行による議席数見直しにより、オランダの議席数が1議席増加し、その増加分はPVVに割り当てられたため、5議席となった。

2010年6月の第二院選挙では、公約に「イスラム諸国からの移民受け入れ停止」「コーランの発禁処分」「スカーフを被っている人物に課税」などの反イスラム的な政策を掲げて、ムスリム移民に警戒心を抱くオランダ有権者の支持を集め、選挙前の9議席から下院定数150議席のうち24議席にまで党勢を拡大し第3党に躍進した。

選挙後の連立協議により、VVDとキリスト教民主アピール(CDA)の少数連立政権として第1次マルク・ルッテ内閣が発足したが、同内閣は与党の連立協定と別に、PVVと3党による「寛容協定(オランダ語: Gedoogakkoord)」[5]を締結し、PVVは閣外協力として政権に協力した。

2011年9月には寛容協定でも言及していた、ブルカやニカブなどを禁止する法案を閣議決定させたが[6]、この時点では成立には至らなかった[7]

2012年4月には予算協議をめぐる対立から閣外協力を離脱した。同年の第二院選挙では9議席減の15議席を獲得した。

2014年3月にはウィルダースによる「モロッコ人は多い方がよいか、少ない方がよいか」と問いかけた発言が人種差別に当たるとして批判され、離党者が続出した[2][3]

2015年には欧州議会の会派として国家と自由の欧州を結成し、2019年にアイデンティティと民主主義に合流した。

2017年の第二院選挙では議席を20議席に伸ばした。2021年の第二院選挙では17議席を獲得した。

2019年の欧州議会議員選挙では、議席を獲得できなかったが、英国のEU離脱に伴う議席数見直しにより1議席を獲得した。しかし、欧州議会議員となったマルセル・デ・グラフ英語版は、2022に党のCOVID-19ワクチンに対する姿勢の違いから、PVVを離党し民主主義フォーラム英語版(FVD)に移籍した[8]

選挙結果[編集]

第二院の選挙結果[9]
選挙年 得票数 % 獲得議席数 +/- 備考
2006 579,490 5.89
9 / 150
増減なし 野党
2010 1,454,493 15.45
24 / 150
増加15 閣外協力(2010-2012年)
野党(2012年)
2012 950,263 10.08
15 / 150
減少9 野党
2017 1,372,941 13.06
20 / 150
増加5 野党
2021 1,124,482 10.79
17 / 150
減少3 野党
欧州議会選挙の選挙結果[9]
選挙年 得票数 % 獲得議席数 +/- 備考
2009 772,746 16.97
4 / 25
増減なし
5 / 26
増加1 リスボン条約による議席数見直し後
2014 633,114 13.32
4 / 26
減少1
2019 185,224 3.37
0 / 25
減少4
1 / 29
増加1 英国のEU離脱に伴う議席数見直し後
  • 2022年にマルセル・デ・グラフ議員が民主主義フォーラム(FVD)に移籍し、0議席となった(欧州議会の会派は「アイデンティティと民主主義」に留まる)。

政策[編集]

選挙母体[編集]

白人労働者階級が多く住む地域に支持者を抱えており、女性よりも男性が、年齢では18~25歳が、教育・所得水準では中以下の者がそれぞれ多い、と分析されている[2]。2006年時点ではピム・フォルタイン党英語版(LPF)の支持者や、前回選挙で投票に参加していなかった層の支持を受けた[3]

党組織[編集]

独特の「1人政党」の組織と評される構造を持つ。公式には党員はウィルダース1人のみであり、自由党会派の議員やスタッフも党員ではないとされる[10]。党のシンクタンクや青年組織、地方組織等はなく、ウィルダースが党の意思決定を全面的に握っている[11]

ウィルダースは討論会やインタビューにも応じない姿勢を示しており、主にTwitter等のSNSの投稿によって情報発信によって党の主張を伝えている[12]

国際組織[編集]

国際自由同盟自由のための欧州同盟を結成している。

欧州議会の会派はアイデンティティと民主主義に所属していた。

出典[編集]

  1. ^ Nordsieck, Wolfram. “Netherlands”. Parties and Elections in Europe. 2022年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c “欧州における主なポピュリズム政党”. 調査と情報―ISSUE BRIEF― (国立国会図書館調査及び立法考査局) (961). (2017-04-25). https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10338503_po_0961.pdf?contentNo=1 2022年7月18日閲覧。. 
  3. ^ a b c d Paul Lucardie. “PVV partijgeschiedenis”. Documentatiecentrum Nederlandse Politieke Partijen (DNPP). 2022年7月18日閲覧。
  4. ^ Partij voor de Vrijheid (PVV)”. Parlement.com. 2022年7月18日閲覧。
  5. ^ Gedoogakkoord VVD-PVV-CDA”. Rijksoverheid.nl (2010年9月30日). 2022年7月18日閲覧。
  6. ^ “オランダもブルカ禁止へ、欧州3か国目”. 読売新聞. (2011年9月17日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110917-OYT1T00583.htm 2011年9月18日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ オランダでは2018年には公共施設や公共交通機関において顔を覆う衣服の着用を禁止する法律が成立し、2019年8月に施行されている。
    Wet gedeeltelijk verbod gezichtsbedekkende kleding”. Staatsblad van het Koninkrijk der Nederlanden (2018年7月17日). 2022年7月18日閲覧。
  8. ^ “Far-right Dutch MEP ditches Geert Wilders’ party over its vaccination stance”. POLITICO. (2022年1月20日). https://www.politico.eu/article/far-right-dutch-mep-marcel-de-graaf-ditch-geert-wilders-party-coronavirus-vaccine-stance/ 2022年7月18日閲覧。 
  9. ^ a b 出典はオランダ選挙管理委員会(Kiesraad - verkiezingsuitslagen)掲載データ(2022年5月15日閲覧)
  10. ^ 水島治郎 (2021). “オランダ : 「完全比例代表制」 の1世紀”. 年報政治学 (日本政治学会) 72 (1). doi:10.7218/nenpouseijigaku.72.1_40. 
  11. ^ 水島治郎 (2017年12月12日). “ウィルデルスとは - コトバンク”. 2022年7月18日閲覧。
  12. ^ Nick Robins-Early (2017年3月15日). “オランダで支持集める極右政党、Twitter駆使し表に姿を現さない、その過激な選挙活動とは”. ハフポスト NEWS. https://www.huffingtonpost.jp/2017/03/14/dutch-election_n_15350638.html 2022年7月18日閲覧。 

外部リンク[編集]