自動車化狙撃兵 (ロシア陸軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロシア陸軍における自動車化狙撃兵(じどうしゃかそげきへい、ロシア語: Мотострелковые войска)は、兵科(ロシア語: рода войск)の一つで、軍隊における歩兵機械化歩兵)相当の呼称である。

旅団等の基幹部隊となり、各種戦術行動において主として近接戦闘により、敵を撃破又は捕捉し、あるいは必要な地域を占領確保するのが使命である。通常、AK-74Mか旧型のAK-74、AKS-74AKM、AKMSを装備する。完全に機械化されており、通常、歩兵戦闘車BMP-1BMP-2BMP-3)か、装甲兵員輸送車BTR-60、MT-LBV)で行動する。

ロシア陸軍の中では最も基本となる兵科で、人員も多い。他国の歩兵と同様、他兵科の行動も調整する地位にあるため、軍事教育施設では、諸兵科共通又は諸兵科連合(ロシア語: общевойсковое)の用語も用いられる。

なお、「狙撃兵」という名称は、ロシア軍は帝政以来一貫して一発必中の狙撃を重視する軍隊であり、「雑兵とは一線を画する特に精強な歩兵」のことを「狙撃兵」と称する伝統があるためで、所属する兵士全員が実際に狙撃兵選抜射手だというわけではない[要出典](同様の伝統名として、現ドイツ連邦軍の「擲弾兵」がある)。

語源[編集]

自動車化狙撃旅団[編集]

自動車化狙撃大隊(機械化歩兵)を3個大隊、自走榴弾砲大隊を2個大隊、戦車大隊を1個大隊、その他いくつかの戦闘支援/後方支援部隊(大隊から小隊規模)を保有する諸兵科連合部隊であり、ロシア陸軍の基本的な展開部隊である。

自動車化狙撃大隊の編成[編集]

自動車化狙撃大隊を構成する部隊は、下記のとおりである(2008年12月に承認された「定員表第5/60号」(MT-LBV装備)に従う。)。

  • 大隊司令部:大隊長、教育業務担当副大隊長、兵器担当副大隊長
  • 大隊参謀部:参謀長/副大隊長、教官(放射線・化学・生物学防護担当)、事務官
  • 自動車化狙撃中隊×3:96人(中隊本部(9人)+3個小隊)
    • 自動車化狙撃小隊×3:29人(小隊長、副小隊長+3個分隊)
      • 自動車化狙撃分隊×3:9人(分隊長、専任狙撃兵、照準手(車載機関銃)、照準手(PKM)、班員(PKM)、擲弾筒手、狙撃兵/擲弾筒主補佐、狙撃兵、操縦手)
  • 迫撃砲中隊
  • 擲弾筒小隊
    • 擲弾筒分隊×3
  • 対戦車小隊
  • 偵察小隊
    • 偵察分隊
    • 偵察分隊×2
  • 工兵小隊
    • 工兵分隊
    • 工兵分隊
    • 技術工兵分隊
  • 統制小隊
    • 統制分隊(大隊長)
    • 統制分隊(大隊参謀部)
    • 通信分隊
  • 保障小隊
    • 技術サービス分隊(装軌車及び輸送車)
    • 技術サービス分隊(自動車)
    • 自動車分隊
    • 自動車分隊(給油車)
    • 経済分隊
    • 浴場
  • 衛生小隊
    • 衛生分隊
    • 負傷兵集結・後送分隊×3


関連項目[編集]