腆支王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
腆支王
Baekje-monarchs(14-20).PNG
各種表記
ハングル 전지왕
漢字 腆支王
発音 チョンジワン
日本語読み: てんしおう
ローマ字 Jeonji-wang
テンプレートを表示

腆支王(てんしおう、生年不詳 - 420年)は百済の第18代の王(在位:405年 - 420年)であり、先代の阿莘王の長男。『梁書』では余映、『日本書紀』では直支王(ときおう)、『三国遺事』王暦では眞支王と記される。は『三国史記』には伝わらない。また、『翰苑』に引用される『宋書』『通典』では百済王夫余腆と表記される。ただし汲古閣本『宋書』では余映とある。子に久尓辛王

即位まで[編集]

394年2月に太子に立てられ、397年に人質として倭国に赴いた。405年9月に阿莘王が亡くなると、いったんは腆支王の次弟の訓解(くんかい、フンネ)が政治をみて腆支王の帰国を待ったが、末弟の碟礼(せつれい、ソルレ)が訓解を殺して自ら王となった。倭国で阿莘王の死を聞いた腆支王は、哭泣するとともに帰国することを倭国に請願し、倭国の兵士に伴われて帰国した。国人は碟礼を殺して腆支王を迎え入れ、ここに即位がなった。[1]

治世[編集]

407年には庶弟の余信、外戚の解須、解丘らを佐平(1等官)に置くなどして王を中心とした権限の集中化を図り、408年に初めて上佐平の官を設け、佐平の余信を当てて軍事・国政を統帥させることとなった。416年には東晋によって<使持節・都督・百済諸軍事・鎮東将軍・百済王>に冊封された[2]417年7月には東北辺で沙口城を築くなどして、再び高句麗への対抗の態勢を整えていった。

420年3月に在位16年にして死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本書紀』においては人質としての倭国への赴任は応神天皇8年(277年→397年)、帰国については応神天皇16年(285年→405年)に対応する記事が見られる。
  2. ^ 420年に東晋に代わってが起こると、<鎮東大将軍>に進号された。

参考文献[編集]