脇田珠樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

脇田 珠樹(わきた たまき、1972年5月12日 - )は、日本実業家ニッセンホールディングス代表取締役社長大阪府立大学経済学部経済学科卒業。サンダーバード国際経営大学院米国アリゾナ州)にて経営学修士(MBA)修了。

大阪府立大学在学時にアーチェリーを始め、体育会アーチェリー部の主将としてチームを率いると共に、個人として全日本大学アーチェリー選手権決勝戦、全日本フィールドアーチェリー選手権決勝戦、世界選手権大会の日本代表選考会等に出場。社会人になってからは正式種目化後のオリンピック出場を目指してコンパウンドボウ種目に転向し、全日本社会人フィールドアーチェリー大会で個人ベスト16、オール関西社会人フィールドアーチェリー大会で個人総合優勝等を遂げている。ミステリー作家の東野圭吾とは大学アーチェリー部での先輩後輩の関係にあたる。

経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
永松文彦
シャディ会長
2016年 - 2018年
次代:
田中裕輔[1]
先代:
市場信行
ニッセンホールディングス社長
2016年 -
次代:
(現職)
  1. ^ 「当社株式の譲渡契約に基づく親会社異動と新体制に関するお知らせ 」シャディ