聖闘士★セイントパラダイス〜最強の戦士たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖闘士★セイントパラダイス〜最強の戦士たち
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ゲームボーイ
開発元 バンダイ
発売元 バンダイ
人数 1人
メディア 1M+64Kbitロムカセット
発売日 日本の旗1992年11月13日
テンプレートを表示

聖闘士★セイントパラダイス〜最強の戦士たち』(セイント★セイントパラダイス〜さいきょうのせんしたち)は、テレビアニメ聖闘士星矢』のゲームボーイゲームソフト1992年11月13日バンダイから発売された。『聖闘士星矢』本編とは異なる毛色を持つカードダス『セイントパラダイス』をゲーム化した作品。ゲームは3つの章に構成されている。

サブタイトル[編集]

  • 第1章:ギャラクシアンウォーズ編
  • 第2章:12宮編
  • 第3章:ポセイドン編

評価[編集]

キャラクターのグラフィックが大きいためフィールドでもダンジョンでも移動できる箇所が極端に少なく、プレイヤーの多くは窮屈な印象を受ける。戦闘では、必殺技ごとにアニメーションが表示されるが、極端に弱い「雑兵」とばかりエンカウントする期間が長く、作業を強いられている気分になるケースが多い。オープニングでは文字を追うのも困難なほど大量のテキストがひらがなで表示されるが、その直後にはフィールド画面に4人パーティでほっぽり出されてしまう。ゲーム中、開発者が実名で登場する村が存在するが、そのメタ要素の評価も高くない。以上のことから「クソゲー」と評されることもある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社QBQ編 『ゲームボーイクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。ISBN 9784865117790 p65

外部リンク[編集]