繁田隼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
繁田 隼
Hayato Shigeta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県二宮町
(生まれは小田原市酒匂[1]
生年月日 (1993-02-03) 1993年2月3日(28歳)
身長
体重
172 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手[2][3]二塁手[4]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

繁田 隼(しげた はやと、1993年2月3日 - )は、神奈川県二宮町出身[5]の元プロ野球選手内野手)。右投左打。

経歴[編集]

小学3年生の頃から野球を始め、中学は軟式野球部に所属。西湘高校在学時は3年生のときに県ベスト16を果たす[1]

高校卒業後は、推薦でなくても硬式野球部に入部できる日本体育大学に進学。3年生秋にはベンチ入りを果たしたが[1]、大学時代は目立った成績を残すことはできなかった[6]

プロ入りへの道を模索している中、海外の野球リーグでプレーしている池永大輔をきっかけに[2]ヨーロッパでの野球リーグを知る。「好きにやればいい」という両親の声にも押され、PR動画を送り、単身で海外に渡る[1]。当初はイタリアのプロ野球リーグに挑戦したがテストに落ち[3]、その後、フランスのプロ野球リーグサヴィニー・ライオンズフランス語版2015年より入団し、外国人枠で登録[1][6][2]フランスでの月収は日本円にして3万円ほどだったため、1本60円程度のフランスパンを三分割し、朝昼晩に分けて食べるという日もあったという。同チームには日本人選手が3名所属していて、山上直樹と丸山和馬がいた[1]。更に高いレベルでのプレー環境を求め、2016年シーズン当初に退団[3][7]

短期バイトで資金を貯め、同年中にはアメリカに渡り、前年から開始したばかりの独立リーグエンパイア・リーグ英語版サリバン・エクスプロアーズ英語版に5月から参加し[7]、2ヶ月間プレー[6]。39試合に出場して、2本塁打、20打点、打率.279、出塁率.395の成績を残し[8]、同チームはリーグ2位ながらもチャンピオンシップシリーズに出場して、同年のリーグチャンピオンになっている[3]

アメリカでの体験で手応えを感じ、日本に帰国後、国内の独立リーグでのプレーを模索[1][6]ベースボール・チャレンジ・リーグの入団テストは受けられなかったが[9]四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツの入団テストの機会を得て[1]2017年5月1日に練習生として途中入団[10]。数試合で正式な選手契約を結び[9]、主軸を任されて前半戦は3割後半の打率を残し[1]、最終的にリーグ6位の打率.313、2本塁打、25打点の成績を残す[11]8月13日の対徳島インディゴソックス戦(伊予市しおさい球場)では9回裏2アウト満塁の場面でサヨナラ満塁ホームランを放ち[6]、7・8月度月間グラゼニ賞が贈られた[12]。同年でのNPBドラフト指名を待ったが指名されず、11月6日に愛媛を任意引退し[13]、現役を一時引退[1]

愛媛退団後はバレーボールのV.LEAGUEチームの職員として働く[1]2019年には株式会社九十九サービスに就職し、硬式野球部(社会人野球クラブチーム)のツクモベースボールクラブに所属[14]。運営面で野球に携われるよう将来の進路を考えていたが、沖縄県初のプロ野球チームとして2020年より始動する琉球ブルーオーシャンズの情報を聞き、2019年11月に同球団のトライアウトに参加[1]。実技審査を合格し[15]、NPB入りの僅かな可能性をかけて入団。プロ選手としてのキャリアを再スタートした[1][16]。トライアウト合格者(NPB未経験者)では、繁田が最年長である。年明けには横浜DeNAベイスターズ倉本寿彦とともに自主トレーニングを行った[17]

琉球での春季キャンプでは練習に取り組む姿勢が評価され[18]、2020年2月29日、琉球のオープニングゲームである対読売ジャイアンツ三軍戦(沖縄セルラースタジアム那覇)では5番・二塁手としてスタメン入りを果たし[19]、3安打を放った[18]。11月25日、契約期間満了をもって琉球を退団することが発表された[20]

琉球退団後は草野球チーム「杉並タイヤーズ」でプレーし[21]、その様子を自身のYouTubeチャンネルに投稿している。

選手としての特徴[編集]

172cmと小柄ながら広角に打ち分ける打撃で、愛媛時代は主軸を任された[1]。本塁打は狙わず、自分のスイングをすることを心がければヒットが出るという自負を持っている[6]

琉球では内野の複数ポジションに挑戦しており、自身で守備の安定性と打球への反応を課題に上げている[16]

詳細情報[編集]

独立リーグでの打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 愛媛 48 202 179 26 56 9 4 2 79 25 3 - 5 2 14 - 2 28 - .313 .366 .441 .807
IL:1年 48 202 179 26 56 9 4 2 79 25 3 - 5 2 14 - 2 28 - .313 .366 .441 .807

海外リーグでの打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 サヴィニー 30 - 113 15 34 9 1 0 45 15 8 - 2 1 12 - 0 13 - .301 .365 .398 .763
2016 8 - 31 6 12 4 0 0 16 7 3 - 0 0 4 - 0 2 - .387 .457 .516 .973
エクスプロアーズ 39 - 136 23 38 7 2 2 79 20 1 - - 2 25 - 1 10 - .279 .395 .404 .799
D1:2年 38 - 144 21 46 13 1 0 61 22 11 - 2 1 16 - 0 15 - .319 .385 .424 .809
ELB:1年 39 - 136 23 38 7 2 2 79 20 1 - - 2 25 - 1 10 - .279 .395 .404 .799

※仏・ディヴィジオン・アンの成績は、Challenge de France de baseballを除く[22]

背番号[編集]

  • 21 (2015年 - 2016年)
  • 2 (2016年)
  • 57 (2017年)
  • 52 (2020年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n “NPBへ…「0%でない限り」 繁田選手(西湘高出身)が琉球に入団”. タウンニュース. (2020年1月25日). https://www.townnews.co.jp/0607/2020/01/25/515156.html 2020年2月19日閲覧。 
  2. ^ a b c Bienvenue à nos joueurs Japonais !” (フランス語). Les Lions de Savigny (2015年5月6日). 2020年2月19日閲覧。
  3. ^ a b c d “2萬8千公里的棒球路-繁田隼” (中国語). 運動視界 Sports Vision: p. 1. (2017年7月25日). https://www.sportsv.net/articles/43317 2020年2月19日閲覧。 
  4. ^ Hayato Shigeta” (英語). ELB – Empire League Baseball – Professional Baseball League in the East part of the United States. 2020年2月19日閲覧。
  5. ^ 繁田隼 ℍ𝔸𝕐𝔸𝕋𝕆 𝕊ℍ𝕀𝔾𝔼𝕋𝔸(@barry_810) • Instagram写真と動画”. 2020年3月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 高田博史 (2017年8月28日). “愛媛・繁田、海外で手にした「自分のスイング」で首位打者を狙う”. デイリースポーツ. https://www.daily.co.jp/baseball/shikoku/2017/08/28/0010500477.shtml 2020年2月19日閲覧。 
  7. ^ a b D1 SAISON 2016” (フランス語). Savigny Lions Baseball Softball (2016年8月29日). 2020年2月19日閲覧。
  8. ^ Hayato Shigeta - Empire Professional Baseball League - player” (英語). Pointstreak Sports Technologies. 2020年2月19日閲覧。
  9. ^ a b “2萬8千公里的棒球路-繁田隼” (中国語). 運動視界 Sports Vision: p. 2. (2017年7月25日). https://www.sportsv.net/articles/43317?page=2 2020年2月19日閲覧。 
  10. ^ 新入団選手のお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ (2017年5月1日). 2020年2月19日閲覧。
  11. ^ 2017年シーズン 順位表・成績”. 四国アイランドリーグplus. 2020年2月19日閲覧。
  12. ^ 7-8月度 月間グラゼニ賞 繁田選手 受賞のお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ (2017年9月11日). 2020年2月19日閲覧。
  13. ^ 退団選手のお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ (2017年11月6日). 2020年2月19日閲覧。
  14. ^ 2019年第一期プロ野球退団者登録一覧”. 公益財団法人 日本野球連盟. 2020年3月10日閲覧。
  15. ^ 沖縄初プロ野球球団 琉球ブルーオーシャンズ トライアウト合格者発表 (PDF)”. 琉球ブルーオーシャンズ (2019年11月20日). 2020年1月19日閲覧。
  16. ^ a b “南国で見せる神奈川魂 琉球ブルーオーシャンズ 繁田隼選手”. タウンニュース. (2020年1月25日). https://www.townnews.co.jp/0607/2020/02/15/517857.html 2020年2月19日閲覧。 
  17. ^ “【DeNA】倉本 レギュラー再奪取へ「気付いたら3時間たっていた」ぶっ続け打撃練習”. スポーツ報知. (2020年1月13日). https://hochi.news/articles/20200113-OHT1T50125.html 2020年2月19日閲覧。 
  18. ^ a b 岩国誠 (2020年3月8日). “ゼロからスタートした琉球ブルーオーシャンズが、巨人3軍とのオープニングゲームで示したポテンシャル”. THE DIGEST: p. 2. https://thedigestweb.com/baseball/detail_2/id=11582 2020年3月9日閲覧。 
  19. ^ 琉球ブルーオーシャンズ [@RYUKYUBLUEOCEAN] (2020年2月29日). "本日のスターティングメンバー 沖縄出身の又吉が先発です。" (ツイート). Twitterより2020年2月29日閲覧
  20. ^ 退団選手のお知らせ”. 琉球ブルーオーシャンズ (2020年11月25日). 2020年11月25日閲覧。
  21. ^ 杉並タイヤーズ|繁田 隼人”. teams. 2021年9月16日閲覧。
  22. ^ Hayato SHIGETA” (フランス語). Baseball-Stats. 2020年3月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]