緑釉陶器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

緑釉陶器(りょくゆうとうき)は、日本平安時代に生産された、釉を使った施釉陶器灰釉陶器と共に、人工的に施釉された陶器として国内最初期のものに位置づけられている。

緑釉手付瓶 平安時代 10世紀 東京国立博物館
緑釉四足壺 平安時代 9世紀 メトロポリタン美術館

概要[編集]

平安時代当時は、施釉陶器全般を「瓷器(しき)」と呼び、緑釉陶器は「青瓷(あおし)」と呼ばれていたと考えられている[1]

(陶窯)を使った焼物の生産は、古墳時代朝鮮半島から導入された須恵器に始まる[2]。須恵器にも釉のかかったものが見られるが、これらは窯の燃焼中、高熱により燃料の灰が溶け、偶然製品に付着した「自然釉」であり、人為的に釉をかけたものではなかった。奈良時代には、唐三彩に倣った「奈良三彩(正倉院三彩)」が焼かれるなど、一部で施釉陶器が生産されたが[3]、中央の貴族皇族などの特別な階級へ供される高級品であり、技術や製品が一般化することはなかった。やがて高級食器である越州窯系青磁が輸入されると、それら青磁色磁器を、国内陶器で模倣したものとして、緑釉陶器が誕生した[4]

比較的融点が低く、750℃前後で溶ける金属である鉛・銅を主成分にした釉を用いており[5]、銅の反応で灰釉陶器よりも強く鮮やかな緑色を発するが、焼き締まりは弱く灰釉陶器に比べて軟質である。製作には、素地(きじ)となる器を焼いたのち、釉をかけて再度焼成する。器種は埦・皿など食器が中心だが、壺や香炉花瓶(けびょう)など仏具も存在する。

生産は、平安京近郊の京都市洛北窯、洛西窯、亀岡市篠窯、山口県[6][7][8]愛知県猿投窯(日本三大古窯の一つ)などで開始され、中国青磁の代替品を担う高級品として、各地の官衙寺院などに供給された。

また尾張(愛知県)・長門(山口県)両国の製品は、律令の規定に基づき年料雑器としてへ貢納された。

その後9世紀半ば以降、猿投窯の周辺地域でも生産がおこり、愛知県小牧市周辺の尾北窯豊橋市二川窯、岐阜県多治見市周辺の東濃窯などでも生産された[9]

脚注[編集]

  1. ^ 浜松市博物館 2014 p30
  2. ^ 大阪府立近つ飛鳥博物館 2006
  3. ^ 窯跡は見つかっていない。
  4. ^ 「須恵器と緑釉陶器」大阪大学考古学研究室
  5. ^ 「銅と鉛のやわらかさ-周防の国の緑釉陶器-」山口県防府市埋蔵文化財センター
  6. ^ 長門国周防国が鉛・銅の生産地であったことが、緑釉陶器生産に繋がったとみられているが、窯跡は見つかっていない。
  7. ^ 「銅と鉛のやわらかさ-周防の国の緑釉陶器-」山口県防府市埋蔵文化財センター
  8. ^ 高橋1993
  9. ^ 浜松市博物館2014 p16

参考文献[編集]

関連項目[編集]