紀元前530年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前7世紀 - 前6世紀 - 前5世紀
十年紀 前550年代 前540年代
前530年代
前520年代 前510年代
前533年 前532年 前531年
紀元前530年
前529年 前528年 前527年

紀元前530年は、西暦ローマ暦)による年。紀元前1世紀共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元224年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前530年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

中国[編集]

  • の高偃が軍を率いて北燕伯款をに送り込んだ。
  • の華定が使節としてに赴いた。
  • 斉の景公霊公簡公に赴き、昭公に朝見した。
  • 霊王が大夫の成虎を殺させた。
  • 晋の荀呉が斉軍と合流すると偽り、鮮虞に道を借りて昔陽に攻め入り、肥を滅ぼした。
  • の原伯絞がその家臣らによって追放された。
  • 周の甘悼公過が甘成公や甘景公の支族を排除しようとして、反撃に遭い、殺害された。甘成公の孫の甘平公鰌が立てられた。
  • 魯の叔仲小・南蒯・公子憖が季氏の排除を計画した。費の宰の南蒯は費に拠って離反して、斉についた。公子憖は費の離反を聞いて斉に亡命した。
  • 楚の霊王が州来で狩猟をおこない、徐を包囲し、を脅かした。
  • 晋が鮮虞を攻撃した。

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]