哀公 (秦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
哀公
14公
王朝
在位期間 前536年 - 前501年
都城 雍城
諡号 哀公
生年 不詳
没年 前501年
景公

哀公(あいこう、? - 紀元前501年)は、の第14代公。景公の子。

生涯[編集]

景公40年(前537年)秋、景公が薨去したため、後を継いで秦公となる。

哀公14年(前523年)、平王が太子建のために秦の公女を求めてきた。秦の公女が楚へ嫁ぐとその美貌のため、楚の平王が自分の妻とした。

哀公15年(前522年)、で内紛が起き(六卿の乱)、外にまで手が回らくなったため、しばらく晋と秦の間に争いが起きることはなかった。

哀公31年(前506年)11月、闔閭伍子胥とともに楚の都である(えい)[1]に攻め入ったため、楚の昭王は隨(ずい)[2]へ逃れ、秦に救援を要請してきた[3]。そこで秦は兵車500乗を送って楚を援助し、呉軍を破った。これにより楚の昭王は郢に戻ることができた。

哀公36年(前501年)秋、薨去したが、太子の夷公は早くに亡くなっていたので、夷公の子が立って秦公(恵公)となった。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の湖北省荊州市江陵県
  2. ^ 現在の湖北省随州市随県
  3. ^ この時、楚の大夫である申包胥が泣きついて来て、一杯の湯さえも口にせず、7日間過ごした。そこで哀公は『詩経』国風の秦風「無衣」の詩を歌ってやったという。

参考資料[編集]