襄公 (秦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
襄公
初代公
王朝
在位期間 前777年 - 前766年
都城 犬丘
諡号 襄公
生年 不詳
没年 前766年
荘公
陵墓 西垂

襄公(じょうこう、? - 紀元前766年)は、の初代公。荘公の子。

生涯[編集]

襄公は秦の太子であった兄の世父(せほ)から太子を譲られ、秦の太子となった。

荘公44年(前778年)、荘公が卒去したため、襄公が後を継いだ。

襄公元年(前777年)、襄公は妹の繆嬴を豊王[1]の妻とした。

襄公2年(前776年)、が犬丘を包囲した。兄の世父はこれを撃って戎の捕虜となったが、1年あまりして釈放された。

襄公7年(前771年)春、幽王褒姒(ほうじ)を寵愛し、太子を廃して褒姒の子を嫡子とした。また、しばしば諸侯を欺いたので、諸侯は幽王に叛き、西戎犬戎申侯とともに周を撃ち、幽王を驪山の麓で殺した。この時、襄公は兵を率いて周を救うために戦い、周の洛邑[2]東徙でも周の平王を護衛したため、平王から諸侯に封じられ、岐山以西の地を賜り、伯爵となった。ここにおいて襄公は秦国を創始し、諸侯と聘享の礼[3]を通じた。襄公は騮駒(りゅうく)[4]・黄牛・羝羊(ていよう)[5]の各3匹を供え、西畤(せいじ)[6]を作って上帝を祠った。

襄公12年(前766年)、襄公は戎を討って岐山の麓で薨去し、子の文公が立って秦君となった。

脚注[編集]

  1. ^ 太子伯服?
  2. ^ 現在の河南省洛陽市
  3. ^ 聘問・享宴の礼。
  4. ^ たてがみの黒い赤身の馬。
  5. ^ 牡(おす)の羊。
  6. ^ 西方祭壇。

参考資料[編集]

  • 史記』(秦本紀第五)