恵公 (春秋秦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恵公
第15代公
王朝
在位期間 前500年 - 前491年
都城 雍城
諡号 恵公
生年 不詳
没年 前491年
夷公
陵墓 車里

恵公(けいこう、? - 紀元前491年)は、の第15代公。夷公の子で哀公の孫。

生涯[編集]

太子であった父の夷公は早くに亡くなったため、代わって太子となった。

哀公36年(前501年)秋、哀公が薨去したため、恵公が立って秦公となった。

恵公5年(前496年)、では荀寅(中行文子)と士吉射(范昭子)が晋に背いたため、卿の智躒(智文子)と趙鞅(趙簡子)がこれを撃った。

恵公10年(前491年)10月、薨去し、子の悼公が立って秦公となった。

参考資料[編集]