懐公 (秦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
懐公
第19代公
王朝
在位期間 前428年 - 前425年
都城 雍城
諡号 懐公
生年 不詳
没年 前425年
厲共公
陵墓 櫟圉

懐公(かいこう、? - 紀元前425年)は、の第19代公。厲共公の子で躁公の弟。

生涯[編集]

躁公14年(前429年)、躁公が薨去したため、後を継いで秦公となった。

懐公4年(前425年)、庶長の鼂(ちょう)が大臣らとともに懐公を包囲し、懐公は自殺した。懐公の太子である昭子は早くに亡くなっていたため、大臣らは昭子の子を立てて秦公(霊公)とした。

参考資料[編集]

  • 史記』(秦本紀第五)