恵公 (戦国秦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恵公
22公
王朝
在位期間 前399年 - 前387年
都城 雍城
諡号 恵公
生年 不詳
没年 前387年
簡公

恵公(けいこう、? - 紀元前387年)は、の第22代公。簡公の子。

生涯[編集]

簡公15年(前400年)、簡公が薨去したため、後を継いで秦公となった。

恵公12年(前388年)、子の出公が生まれる。

恵公13年(前387年)、恵公は蜀[1]を征伐して南鄭[2]を取った。この年、恵公が薨去し、子の出公が立って秦公となった。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の四川省
  2. ^ 現在の陝西省漢中市南鄭県

参考資料[編集]

  • 史記』(秦本紀第五)