文公 (秦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
文公
第2代公
王朝
在位期間 前765年 - 前716年
都城 西垂
諡号 文公
生年 不詳
没年 前716年
襄公
陵墓 西垂

文公(ぶんこう、? - 紀元前716年)は、の第2代公。襄公の子。

生涯[編集]

襄公12年(前766年)、襄公が薨去したため、文公が立って秦君となった。

文公元年(前765年)、西垂に住んだ。

文公3年(前763年)、兵700人を引き連れて東方で狩りをした。

文公4年(前762年)、汧水渭水の合流地点(秦)に行き、「昔、孝王が我が祖先の秦嬴をこの地に封じられたため、のちに諸侯になることができた」と言って吉凶を卜したところ、吉とあったので、邑をここに営んだ。

文公10年(前756年)、初めて鄜畤(ふじ)[1]を作り、三牢の犠牲を供えて祭った。

文公13年(前753年)、初めて史官を置いて記録をとらせた。民の同化する者が多かった。

文公16年(前750年)、兵を率いてを討ち、戎を敗走させた。その余民を収めて自国の民とし、岐山を境として岐山以東を周に献上した。

文公20年(前746年)、初めて三族を罰する法律を制定した。

文公23年(前743年)、南山の大梓・豊・大特[2]を討伐した。

文公48年(前718年)、文公の太子卒去し、竫公と諡した。文公は竫公の長子を太子とした。

文公50年(前716年)、薨去し、西垂に葬られた。太子が立ち、寧公となった。

脚注[編集]

  1. ^ 鄜(陝西省の岐山付近)にある祭壇。
  2. ^ 西戎の種類と推定されている。

参考資料[編集]

  • 史記』(秦本紀第五)