昭王 (楚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昭王
王朝
在位期間 前516年 - 前489年
都城
姓・諱 熊珍
諡号 昭王
没年 紀元前489年
平王
伯嬴
后妃 貞姜
越姫

昭王(しょうおう、? - 紀元前489年、在位:紀元前516年 - 紀元前489年)は、中国春秋時代の王。、または

生涯[編集]

平王伯嬴のあいだの子として生まれた。紀元前523年太子建中国語版に亡命すると、太子に立てられた。紀元前516年に平王が死去すると、楚王として即位した。紀元前515年に楚人に憎まれていた費無忌を粛清して人気を取ったが、東方のによる連年の侵攻に悩まされるようになった。

紀元前506年柏挙の戦い中国語版で楚軍は呉軍に大敗し、呉軍が楚の都のに攻め入ったので、昭王は都を脱出してに逃れた。楚の臣申包胥を訪れ、哀公に救援を求めたが、哀公は当初これに応じなかった。そのため、申包胥は秦の宮廷の庭で7日7晩にわたって泣き続けた。哀公はその忠誠心に感じ入り、ついに楚に援軍を出した。これにより楚は呉軍の撃退に成功し、昭王は郢に戻ることができた。

帰国した昭王は、異母兄の公子申(子西, (zh))、公子結(子期, (zh))をはじめとする近臣らと力を合わせ、楚の復興に務めた。同時に呉と対立していた王の勾践と同盟し、勾践の娘を妻に迎えている。

紀元前489年、昭王はを征伐する軍を起こしたが、遠征の途上で没した。死に際して昭王は、息子である幼少の公子章(後の恵王)を退け、異母兄の公子啓(子閭, (zh))に譲位しようとした。しかし昭王の没後、子閭は子西・子期らと謀って公子章を擁立した(楚の恵王)。

『春秋左氏伝』によると孔子は昭王について、「大道を知れり(古の聖王の道理を解する人物だ)」と大絶賛しており、この王なら国が滅亡しないのももっともである、と述べたという。

先代:
平王
前515年 - 前489年
次代:
恵王