粕川町込皆戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 群馬県 > 前橋市 > 粕川町込皆戸
粕川町込皆戸
—  町丁  —
上毛電気鉄道上毛線北原駅
粕川町込皆戸の位置(群馬県内)
粕川町込皆戸
粕川町込皆戸
座標: 北緯36度24分27秒 東経139度11分11秒 / 北緯36.40750度 東経139.18639度 / 36.40750; 139.18639
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 群馬県旗 群馬県
市町村 前橋市の旗 前橋市
面積
 - 計 1.38km2 (0.5mi2)
人口 (2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 - 計 1,641人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 371-0216[2]
市外局番 027[3]
ナンバープレート 前橋

粕川町込皆戸(かすかわまちこみがいと)は、群馬県前橋市の地名。旧粕川村時代は、住所勢多郡粕川村大字込皆戸の地域である。また、前橋市合併後は村名の粕川村が粕川町となり、そのあと大字名がつくため前橋市粕川町○○となる[4]。面積は1.38km2(2013年現在)[5]。郵便番号は371-0216[2]

地理[編集]

赤城山の南麓、東神沢川流域に位置する。

河川[編集]

  • 東神沢川

歴史[編集]

江戸時代頃からある地名である。寛永元年に女渕村から分村して成立した。はじめは前橋藩領で、明和6年に幕府領天明8年には幕府と旗本久保田氏の相給を経て、寛永2年からは陸奥泉藩と旗本久保田氏の相給だった。なお、陸奥泉藩領は下込皆戸(現同町)、旗本久保田氏は上込皆戸(現粕川町稲里)と称した。長吏村であり、人々は死牛馬の処理、や犬の皮革加工、医薬品の製造販売、馬医者、薪取り、小作農草鞋作り、芸能など様々な雑業で生計を立てた[6]。ここの土地の人たちは「チョーリンボー」と言われ差別されていた[6]

年表[編集]

地名の由来[編集]

「皆戸」は村落の意味で、「込」は古くは「叺」の字を使った。  

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
粕川町込皆戸 664世帯 1,641人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

番地 小学校 中学校
全域 前橋市立粕川小学校 前橋市立粕川中学校

経済[編集]

店・企業
  • アイパック
  • アクアート
  • 梅沢畜産
  • オートファクトリーショウダ
  • カーチョイスジェイド
  • 金子商店
  • 小林土木
  • 小林幸太郎商店
  • 坂本清掃社
  • 坂本組
  • 城南粕川工場
  • 太陽運輸群馬物流センター
飲食
  • 菊屋食堂
  • 白山ホルモン
  • ひまわり
  • 焼肉大周園粕川店
  • レイディーズバーヒデオミヤシタ
  • 司造園
  • 東和自動車
  • 日神機工群馬工場
  • ナカダイ粕川工場
  • 中根石材工業
  • 日神機工群馬工場
  • 萩原電子
  • ビソ赤城工場
  • 松島工業
  • 松島商店
  • ミツミ
コンビニ
地価
地区町村別の地価評価はかなり下位である[6]。しかし安価な住宅地として人気があり、アパートもいくつか建てられている[6]

地域[編集]

相談[編集]

施設[編集]

公共
宗教

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に上毛電気鉄道上毛線北原駅がある。

バス[編集]

赤城タクシーが運行を行っているデマンドバス方式のふるさとバスがある[8]

道路[編集]

県道群馬県道3号前橋大間々桐生線が通過。

出身・ゆかりのある人物[編集]

  • 小林岩男(政治家)
前橋市議会議員[9]部落解放同盟群馬県連合会副委員長[9]。粕川町・小中学校の元PTA会長[9]

出典[編集]

  1. ^ a b 人口及び世帯数 - 町別住民基本台帳人口表”. 前橋市 (2017年9月5日). 2017年9月15日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 合併後の町名一覧”. 前橋市. 2015年10月7日閲覧。
  5. ^ 第2章 人口 - 前橋市 2015年10月07日閲覧。
  6. ^ a b c d 上原善広『日本の路地を旅する』文藝春秋、2012年、pp260-277。
  7. ^ 前橋市立小学校・中学校通学区域”. 前橋市 (2017年4月24日). 2017年9月16日閲覧。
  8. ^ ふるさとバス(デマンドバス・大胡,宮城,粕川地区)のご案内”. 前橋市. 2015年10月7日閲覧。
  9. ^ a b c 平成26年度館林市教職員人権教育全体研修会、人権ライブラリー、公益財団法人 人権教育啓発推進センター公式サイト。

参考文献[編集]