第7次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第7次長期滞在
Expedition 7 insignia (iss patch).png
徽章
コールサイン Expedition 7
乗組員数 2名
打上げ日 2003年4月26日 03:53:52(UTC)
打上げ地点 バイコヌール宇宙基地
打上げ機 ソユーズTMA-2
帰還日 2003年10月28日 02:40:20(UTC)
帰還機 ソユーズTMA-2
帰還地点 アルカルイク近辺
ドッキング時間 182日16時間20分49秒
宇宙遊泳時間 0時間0分
ミッション期間 184日22時間46分28秒
軌道周回数 2,895回
総距離 ~123,133,253 km
質量 187,016 kg
ISS Expedition 7 crew.jpg
第7次長期滞在の乗組員。左からマレンチェンコ、ルー
前回 次回
第6次長期滞在 第8次長期滞在

第7次長期滞在(Expedition 7)は、国際宇宙ステーション(ISS)への7回目の長期滞在ミッションである。

乗組員[編集]

機長 フライトエンジニア1
ユーリ・マレンチェンコ, RSA
3度目
エドワード・ルー, NASA
3度目

ミッションパラメータ[編集]

  • 近点:384km
  • 遠点:396km
  • 軌道傾斜角:51.6°
  • 軌道周期:92分
  • ドッキング:2003年4月28日5時56分20秒(UTC)
  • ドッキング解除:2003年10月27日22時17分9秒(UTC)
  • ドッキング継続時間:182日16時間20分49秒

ミッションの目的[編集]

乗組員はカザフスタンバイコヌール宇宙基地から、2003年4月25日22時54分(CDT)にソユーズTMA-2で打ち上げられた。ソユーズは2003年4月28日にISSにドッキングし、乗組員はISSを引き継いだ。第7次長期滞在の乗組員は、欧州宇宙機関ペドロ・デュケとともに2003年10月27日18時17分(EST)にドッキング解除し、21時41分(EST)に地球に帰還した。

交信官のマイケル・E・フォッサムヒューストンから、乗組員のユーリ・マレンチェンコとエドワード・ルーに対して、10月15日に中国人宇宙飛行士楊利偉を乗せた神舟5号を運ぶ長征の打上げが無事成功したことを告げた。「これは本当に興奮するようなニュースだ。今夜、有人宇宙飛行を行う世界の国が一つ加わった。中国だ」と語った。

「まず、我々はそれを祝福したい。」とルーは答えた。「宇宙に行く人々が増えると、我々全てがより幸福になる。これは偉大な成果で、長期的には全ての人にとって良いことだ。」

彼は中国語でさらに付け加えた。「宇宙へようこそ。安全な旅を。」

マレンチェンコも「これは中国の多くの人にとって偉大なことだ。彼らを祝福したい。」と述べた。

マレンチェンコとルーは以前にSTS-106のミッションでも一緒に飛行し、ともに宇宙遊泳を行った。

外部リンク[編集]