第39次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第39次長期滞在
任務種別 ISSへの長期滞在
長期滞在
宇宙ステーション 国際宇宙ステーション
開始 2014年3月10日 (UTC)
終了 2014年5月13日 (UTC)
到着 ソユーズTMA-11M
ソユーズTMA-12M
出発 ソユーズTMA-11M
ソユーズTMA-12M
乗員
許容人数 6人
乗員数 第38/39次長期滞在:
若田光一
リチャード・マストラキオ英語版
ミハイル・チューリン

第39/40次長期滞在:
アレクサンドル・スクボルソフ
オレッグ・アルテミエフ英語版
スティーブン・スワンソン英語版
ISS Expedition 39 Patch.svg

Expedition 39 crew portrait.jpg
左からアルテミエフ、スワンソン、スクボルソフ、チューリン、若田、マストラキオ


ISS 長期滞在
← 第38次長期滞在 第40次長期滞在

第39次長期滞在(英語: Expedition 39)は国際宇宙ステーション(ISS)への39回目の長期滞在である。

ISSで初めて日本人宇宙飛行士でベテランの若田光一が船長として指揮を行った。NASAおよびRSA出身の乗組員以外がISSの船長となるのは2009年の第21次長期滞在と2013年の第35次長期滞在以来であった。

乗組員[編集]

職務 第1期
(-2014年3月)
第2期
(2014年3月-2014年5月)
船長 若田光一, JAXA
(4回目)
フライトエンジニア 1 リチャード・マストラキオ英語版, NASA
(4回目)
フライトエンジニア 2 ミハイル・チューリン, RSA
(3回目)
フライトエンジニア 3 アレクサンドル・スクボルソフ, RSA
(2回目)
フライトエンジニア 4 オレッグ・アルテミエフ英語版, RSA
(初飛行)
フライトエンジニア 5 スティーブン・スワンソン英語版, NASA
(3回目)
出展
JAXA,[1] NASA,[2] ESA[3]

ギャラリー[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]