第5次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第5次長期滞在
Expedition 5 insignia.svg
徽章
コールサイン Expedition 5
乗組員数 3名
打上げ日 2002年6月5日 21:22:49(UTC)
打上げ地点 ケネディ宇宙センター
打上げ機 エンデバー STS-111
帰還日 2002年12月7日 19:37:12(UTC)
帰還機 エンデバー STS-113
帰還地点 ケネディ宇宙センター
ドッキング時間 178日3時間40分
宇宙遊泳時間 9時間46分
ミッション期間 184日22時間14分23秒
軌道周回数 2,895回
総距離 〜123,133,253 km
質量 144,634 kg
ISS Expedition 5 crew.jpg
第4次長期滞在の乗組員。左からコルズン、ウィットソン、トレシェフ
前回 次回
第4次長期滞在 第6次長期滞在

第5次長期滞在(Expedition 5)は、国際宇宙ステーション(ISS)での5度目の長期滞在である。

乗組員[編集]

機長 フライトエンジニア1 フライトエンジニア2
ワレリー・コルズン, ロシア連邦宇宙局
2度目
ペギー・ウィットソン, アメリカ航空宇宙局
1度目
セルゲイ・トレシェフ,ロシア連邦宇宙局
1度目

ミッションパラメータ[編集]

  • ドッキング:2002年6月7日16時25分(UTC)
  • ドッキング解除:2002年 12月2日20時5分(UTC)
  • ドッキング時間:178日3時間40分

ミッションの目的[編集]

第5次長期滞在の乗組員は、2002年6月5日にSTS-111のミッションで、エンデバーによってISSを訪れ、6月7日からISSでの任務に就いた。6月10日に公式セレモニーが行われ、ISSのベルが鳴らされた。乗組員は、約25個の新しい実験装置をISSに運び込み、滞在期間中様々な実験を行った。彼らは185日間の滞在を終え、2002年12月7日にSTS-113で地球に帰還した。

3人はISSで生活する4番目の乗組員で、ロシア人の機長とロシア人及びアメリカ人のフライトエンジニアからなる国際的なチームであった。

宇宙遊泳[編集]

第5次長期滞在では、ピアースから2度の宇宙遊泳が行われた。

宇宙遊泳1[編集]

  • 宇宙飛行士:コルズン、ウィットソン
  • 時間:4時間25分
  • 開始:2002年8月16日9時23分(GMT)
  • 終了:2002年8月16日13時48分(GMT)

宇宙遊泳2[編集]

  • 宇宙飛行士:コルズン、トレシェフ
  • 時間:5時間21分
  • 開始:2002年8月26日5時27分(GMT)
  • 終了:2002年8月26日10時48分(GMT)