第44次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第44次長期滞在
任務種別 ISSへの長期滞在
長期滞在
宇宙ステーション 国際宇宙ステーション
開始 2015年6月11日 (UTC)
終了 2015年9月11日 (UTC)
到着 ソユーズTMA-17M
ソユーズTMA-18M
出発 ソユーズTMA-16M
乗員
乗員数 6人
乗員 第43/44次長期滞在:
ゲンナジー・パダルカ
ミハイル・コルニエンコ
スコット・ケリー

第44/45次長期滞在:
オレグ・コノネンコ
油井亀美也
チェル・リングリン英語版

ISS Expedition 44 Patch.svg

Expedition 44 crew portrait.jpg
左からリンドグレン、コノネンコ、油井、ケリー、パダルカ、コルニエンコ

第44次長期滞在(英語: Expedition 44)は国際宇宙ステーション(ISS)への44回目の長期滞在である。

2015年6月11日にソユーズTMA-15Mで第42/43次長期滞在クルーが地球に帰還してから始まり、2015年9月11日にソユーズTMA-16MがISSから出発するまで続いた。

なお、2015年9月4日にソユーズTMA-18Mによってアンドレアス・モーゲンセン英語版アイディン・アイムベトフ英語版ヴォルコフがISSに到着しており、ソユーズTMA-16Mパダルカ、モーゲンセン、アイムベトフが地球に帰還するまでの間、ISSは9人が滞在している状態になった。

もともとユーリ・ロンチャコフが第43次長期滞在で第3フライトエンジニアを勤めた後、第44次長期滞在で船長になる予定であったが、彼は2013年9月6日にロシア連邦宇宙局を退職している[1]

乗組員[編集]

職務 第1期
(2015年6月 - 2015年7月)
第2期
(2015年7月 - 2015年9月)
船長 ゲンナジー・パダルカ, RSA
初飛行
フライトエンジニア 1 ミハイル・コルニエンコ, RSA
2度目
フライトエンジニア 2 スコット・ケリー, NASA
4度目
フライトエンジニア 3 オレグ・コノネンコ, RSA
3度目
フライトエンジニア 4 油井亀美也, JAXA
初飛行
フライトエンジニア 5 チェル・リングリン英語版, NASA
初飛行
出展
Spacefacts[2]

達成[編集]

2015年7月、ケリーとリンドグレンは初めて完全に宇宙で育てられた野菜英語版を食したアメリカ人になった[3]

日本のこうのとり5号機は、ISSによる捕獲を油井亀美也が、こうのとりの管制をJAXAの筑波宇宙センターが、NASAのヒューストンでの交信チーム代表に若田光一が加わり、日本チームでの捕獲となった[4][5]

ギャラリー[編集]

[編集]

外部リンク[編集]