稲葉正守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

稲葉 正守(いなば まさもり、享和4年1月29日1804年3月10日) - 明治11年7月29日(1878年))は、山城淀藩の第10代藩主。正成系稲葉家宗家14代。

経歴[編集]

第7代藩主・稲葉正諶の七男。正室は藤堂高兌の娘。子に娘(戸田氏彬正室)。官位は従五位下、従四位下、丹後守、佐渡守、内匠頭。幼名は鉄弥。通称は大学。

文政6年(1823年)6月25日、甥で先代藩主の正発が嗣子無くして死去したため、跡を継いだ。同年9月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。文政7年12月16日、従五位下丹後守に叙任する。後に内匠頭、佐渡守に改める。天保4年(1833年)2月18日、奏者番に就任する。天保9年(1838年)6月1日、寺社奉行に就任する。天保11年12月16日、従四位下に昇進する。天保13年(1842年)4月24日、寺社奉行を退任する。同年7月20日に隠居し、養子の正誼に家督を譲った。明治2年(1869年)2月、東京から淀に居所を移す。明治11年7月29日、病死する。