稲葉正備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲葉 正備(いなば まさなり、安永4年11月15日1775年12月7日) - 文化12年3月8日1815年4月17日))は、山城淀藩の第8代藩主。正成系稲葉家宗家12代。

第7代藩主・稲葉正諶の次男。母は松平宗衍の娘。正室は阿部正倫の娘。子は稲葉正発(長男)。官位は従五位下、従四位下、長門守、丹後守。幼名は定之助。

長兄が早世したため、世子となる。文化3年(1806年)、父の死去により跡を継いだ。

文化12年(1815年)3月8日、41歳で死去し、跡を長男の正発が継いだ。