種子銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
種子銀行に保存されている種子

種子銀行(しゅしぎんこう、種子バンク、シードバンク、:Seed bank)とは、遺伝的多様性の維持のために植物種子を保存する施設または組織の事。遺伝子資源の保存という観点から、ジーンバンクの一種であるともいえる。

概要[編集]

その目的は様々あり、農業利用されている植物の収量増加や耐病性、乾燥耐性に関わる遺伝子を確保することや、一般的に生物多様性を守るための生息域外保全のひとつとして保存されている。また、自然災害や病害虫戦争などの不測の事態から種子を守ることが出来る。多くの種子銀行は数十年、あるいは数世紀に渡って公的支援によって活動しており、公的な研究活動のために利用可能である。

保存条件[編集]

種子は生き物であり、長期間生存可能な状態に保つためには適切な湿度と温度で保存する必要がある。親植物体内で成熟するにつれて、多くの種子が耐乾性を得ることができる。このような性質を持つオーソドックス種子Orthodox seed)は乾燥および低温条件で長期保存が可能である。

国際連合食糧農業機関国際農業研究協議グループ国際生物多様性センターなどの助言を元に、2014年1月に種子の長期保存の標準規格を策定した[1]。この文書では種子の保存法について、5-20℃、相対湿度10-25%で乾燥後(条件は植物種に依存する)、密閉容器に入れ、最も大元に近い種子や大元から適切に増やされた種子は-18±3℃、相対湿度15±3%の条件で長期保存する。配布するためや保存状態の確認のために短期、中期保存する場合は相対湿度15±3%、5-10℃の冷蔵条件で保存することを提唱している[2]

種子が生存能力を失う時期を予測するのは難しいことから、保存中に発芽率を確認している。発芽率が一定限度を下回った場合、種子は再播種され新鮮な種子が再度収集、長期保存される。

課題[編集]

オーソドックス種子の場合はそれで長期間の保存が可能であるが、そのような条件下で死亡、あるいは発芽してしまうような難貯蔵性種子recalcitrant seed)などは保存できないという問題点がある。また、種子銀行に世界各地の植物の種子を多量に蓄積することは、バイオパイラシーBiopiracy、生物資源の略奪)に当たる可能性があるとして非難される事もある。

施設・組織[編集]

2006年現在、世界中の1300あまりの種子銀行に約600万系統が維持されている。[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FAO launches new standards for plant genebanks” (2014年1月30日). 2017年9月18日閲覧。
  2. ^ http://www.fao.org/docrep/019/i3704e/i3704e.pdf
  3. ^ Rajasekharan, P. E. (2015-01-01). Bahadur, Bir. ed (英語). Gene Banking for Ex Situ Conservation of Plant Genetic Resources. Springer India. pp. 445–459. doi:10.1007/978-81-322-2283-5_23. ISBN 9788132222828. http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-81-322-2283-5_23. 
  4. ^ Save the Seeds Movement of the Uttarakhand Himalayas, India Archived June 30, 2015, at the Wayback Machine.
  5. ^ National Center for Genetic Resources Preservatio Archived November 12, 2011, at the Wayback Machine.
  6. ^ http://cals.arizona.edu/desertlegumeprogram/