福翁百話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福翁百余話から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

福翁百話』(ふくおうひゃくわ)は、福澤諭吉の著書のひとつ。ひとつひとつ独立した100話からなるエッセイ集である。

続編に『福翁百余話』(ふくおうひゃくよわ、正式には『福翁百餘話』)がある。これも独立した19話からなる。

成立[編集]

『福翁百話』は、新聞『時事新報』紙に、1896年明治29年)2月25日に序言が掲載され、同年3月1日から連載を開始し、1897年明治30年)7月4日まで掲載された。さらに、同年7月20日に時事新報社から単行本が発行された。

『福翁百余話』は、新聞『時事新報』紙に、1897年明治30年)9月1日から12月26日まで第1話から第13話が掲載され、1898年明治31年)1月1日に第14話が掲載され、1900年明治33年)1月1日から2月11日に第15話から第19話が掲載された。さらに、1901年明治34年)4月25日に時事新報社から単行本が発行された。

また、1902年明治35年)6月25日には、2冊を合せた『福翁百話・福翁百余話』(時事新報社)が発行された。さらに、1909年明治42年)10月22日には、ポケット版の『ポケット福翁百話 附.福翁百余話』(時事新報社)が発行された。

内容[編集]

以下、近代デジタルライブラリーの『福翁百話』から原文の引用を含む。

宇宙観[編集]

第1話の「宇宙」において、次のように宇宙観を述べている。

「此地球(ちきう)は太陽(たいやう)に屬(ぞく)する一小土塊(せうどくわい)たるに過ぎず又其太陽も恒星中(かうせいちう)の一粒(りふ)にして天に耀(かゞや)く星(ほし)は粒々(りふ/\)皆太陽(たいやう)ならざるはなし其(その)數(かず)は無數(むすう)にして固より計(かぞ)ふ可らず彼の銀河(あまのがは)の白きは即ち恒星(かうせい)の重(かさな)り/\て白く見ゆるものにして並木(なみき)の松の生(お)ひ並(なら)びたるを遠く眺(なが)めて唯黒々(くろ/″\)と見ゆるが如し」

そして、星々の数は「何千萬億(なんぜんまんおく)」の限りもないもので、

「遠(とほ)きものは其(その)星(ほし)より光を放て光線(くわうせん)の地球(ちきう)に達するまでに何百萬年を費(つひや)す可しと云ふ故に恒星(かうせい)の中にて既に百萬年前に本體(ほんたい)を失(うしな)ふて今日唯その光線(くわうせん)のみ吾々の眼(め)に映(えい)ずるものもあらん」

と述べる。そして、この宇宙に広大な銀河から微生物に至るまで同じ法則が成り立っていることこそ不可思議であって、「思議(しぎ)す可らざるを思議(しぎ)し想像(さう/″\)すれば唯ます/\人智(じんち)の薄弱(はくじやく)なるを發明(はつめい)するのみ」と結んでいる。

人生観[編集]

第7話の「人間の安心」において次のように人生観を述べている。

「宇宙(うちう)の間に我(わが)地球(ちきう)の存在(そんざい)するは大海(たいかい)に浮(うか)べる芥子(けし)の一粒(つぶ)と云ふも中々(なかなか)おろかなり」

そして、人間は芥子粒のような地球上で生まれ、死んでいく存在にすぎない。さらに、

「左れば宇宙(うちう)無邊(むへん)の考を以て獨(ひと)り自から觀(くわん)ずれば日月も小なり地球(ちきう)も微なり况(ま)して人間の如き無智(むち)無力(むりよく)見る影(かげ)もなき蛆蟲(うじむし)同樣(どうやう)の小動物にして石火電光の瞬間(しゆんかん)偶然(ぐうぜん)この世に呼吸(こきふ)眠食(みんしよく)し喜怒哀樂(きどあいらく)の一夢中忽ち消えて痕(あと)なきのみ」

である。しかしながら、「既に世界(せかい)に生れ出たる上は蛆蟲(うじむし)ながらも相應(さうおう)の覺悟(かくご)なきを得ず」と述べる。それでは、その覚悟とは何かというと、

「人生(じんせい)夲來(ほんらい)戲(たはむれ)と知りながら此一場の戲を戲とせずして恰も眞面目(まじめ)に勤(つと)め貧苦(ひんく)を去て富樂(ふらく)に志し同類(どうるゐ)の邪魔(じやま)せずして自から安樂(あんらく)を求め五十七十の壽命(じゆみやう)も永きものと思ふて父母(ふぼ)に事(つか)へ夫婦相親しみ子孫(しそん)の計(はかりごと)を爲(な)し又戸外の公益(こうえき)を謀(はか)り生涯一點の過失(くわしつ)なからんことに心掛(こゝろがく)るこそ蛆蟲(うじむし)の本分なれ」

とする。この覚悟を持ってこそ「萬物(ばんぶつ)の靈(れい)として人間の獨(ひと)り誇る所のものなり」ということになる。

処世観[編集]

第13話の「事物を軽く視て始めて活溌なるを得べし」において次のように処世観を述べている。

「人間(にんげん)の心掛(こゝろが)けは兎角(とかく)浮世(うきよ)を輕(かろ)く視(み)て熱心(ねつしん)に過(す)ぎざるに在り斯(か)く申(もう)せば天下の人心(じん/\)を冷淡(れいたん)に導(みちび)き萬事(ばんじ)に力(ちから)を盡(つく)す者なかる可きやに思(おも)はるれども决(けつ)して然(しか)らず浮世を輕(かろ)く視(み)るは心(こゝろ)の本體(ほんたい)なり輕く視る其浮世(うきよ)を渡(わた)るに活溌(くわつぱつ)なるは心の働(はたらき)なり内心(ないしん)の底(そこ)に之を輕く視るが故(ゆゑ)に能(よ)く决斷(けつだん)して能(よ)く活溌(くわつぱつ)なるを得べし棄(すつ)るは取(と)るの法(はふ)なりと云ふ學者(がくしや)の宜(よろ)しく考(かんが)ふ可き所のものなり」

そして、例えば囲碁や将棋の勝負においても、是非とも勝とうとする者は却って負けると述べて、「浮世(うきよ)を棄(すつ)るは即ち浮世を活溌(くわつぱつ)に渡(わた)るの根本(こんぽん)なりと知る可し」と締めくくる。

特徴[編集]

『福翁百話』の特徴は、最晩年の宇宙観、人生観、処世観、宗教観などを率直に語っている所にある。序言によると、自宅に客を呼んで話した話題を書き溜めて、合計100話になったので、この機会に発表することになったのである。

単行本[編集]

  • 福澤諭吉著作集〈第11巻〉福翁百話服部禮次郎編・解説、慶應義塾大学出版会、2003年1月。ISBN 4-7664-0887-X
    「福翁百話」と「福翁百余話」の全話を新字新仮名で収録。
  • 福翁百話服部禮次郎編・解説、慶應義塾大学出版会、2009年6月。ISBN 978-4-7664-1625-1
    福澤諭吉著作集〈第11巻〉」の改版。

現代語訳[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]