改暦弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『改暦弁』初版

『改暦弁』(かいれきべん、改暦辧[1]、改暦辨[2])は、福沢諭吉1873年明治6年)に発行した書籍である。出版者は慶應義塾蔵版、出版地は東京

概要[編集]

明治5年11月9日1872年12月9日)、明治政府は、来る明治5年12月3日をもって明治6年1月1日(1873年1月1日)とする新たなグレゴリオ暦をもとにした新暦)の施行を定める太政官布告太陰暦ヲ廃シ太陽暦ヲ頒行ス」(明治5年太政官布告第337号)を公布した。

旧暦から新暦に改まるに際し、政府は一片の法令を出しただけで、この大改革の理由を国民に納得せしめるの注意を怠っているのを見て、思想家であり教育者である福沢諭吉は傍より歯がゆく思い、風邪臥床中、床の上でおよそ6時間ばかりで改暦を易しく解説する『改暦弁』を脱稿した(「福沢全集緒言」の「改暦弁」の項による[1])。これを出版したところ、おびただしい発行部数を示し、著者自身も驚いたとの次第が記してある(同)。また、浜松県令・林厚徳のように、同書を500部取り寄せ、県下各村へ配布する者もあった[1]

内容[編集]

『改暦弁』の項目立ては以下の通り。

  • 太陽暦太陰暦との弁別
  • ウ井ークの日の名
  • 一年の月の名
  • 時計の見様

緒言[編集]

此度大陰暦を止て大陽暦となし、明治五年十二月三日を明治六年一月一日と定めたるは一年俄に二十七日の相違にて世間にこれを怪む者も多からんと思ひ、西洋の書を調て彼の国に行はるゝ大陽暦と、古来支那、日本等に用大陰暦

との相違を示すこと左の如し。

— 福沢諭吉、『改暦弁』

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]