福岡県社会保育短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県社会保育短期大学
大学設置 1967年
創立 1952年
廃止 1993年
学校種別 公立
設置者 福岡県
本部所在地 福岡県田川市伊田4395
学部 保育科
社会福祉科
テンプレートを表示

福岡県社会保育短期大学(ふくおかけんしゃかいほいくたんきだいがく、英語: Fukuoka Junior College of Social Work and Child Education[1])は、福岡県田川市伊田4395に本部を置いていた日本公立大学である。1967年に設置され、1993年に廃止された。大学の略称は社保短。学生募集は1991年度まで。1992年度より福岡県立大学の設置により、短期大学は学生募集を停止。1993年5月17日付けで正式廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 福岡県社会保育短期大学の学則:「社会福祉及び保育に関する専門的学理と応用を教授研究し、もって社会福祉に関する職業に必要な能力を有する人材を育成すること」

教育および研究[編集]

  • 福岡県社会保育短期大学は社会福祉専門職員養成の緊急性から、社会福祉に関する専門学科を設置していた。ほか、旧来の保母養成所を発展改組する形で保育科も置かれていた。

学風および特色[編集]

  • 福岡県社会保育短期大学は、1学年総定員が200名程度とやや小規模となっていた。
  • 保育科は、当時としては全国でも少数の男子学生が入学できる学科となっていた。但し、在籍者はごく僅かとなっていた。
  • ボランティア活動への取り組みが活発で、「つくしんぼ」・「湯山荘ボランティアサークル」・「点字同好会せせらぎ」などの活動組織があった。

沿革[編集]

  • 1952年 福岡県立保母養成所を創設。
  • 1967年 福岡県社会保育短期大学開学。
    • 社会福祉科:在学者数は61(うち男子9)[3]
    • 保育科:在学者数は女子61[3]
  • 1977年 附属幼稚園を設置。
  • 1981年4月 - 1984年3月 校舎全面改築。
  • 1991年 最後の学生募集となる。
    • 社会福祉科:在籍者数は110(うち男子9)[4]
    • 保育科:在籍者数は107(うち男子1)[4]
  • 1993年5月17日付けで正式廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 福岡県田川市伊田4395

象徴[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 社会福祉科
  • 保育科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格および教職課程

附属機関[編集]

  • 附属図書館

研究[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

[編集]

  • 学内に設置されていた。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 保育科では、保育所や幼稚園をはじめとした児童関連、社会福祉科では社会福祉諸施設に就職した人が多かったものとみられる。

附属学校[編集]

  • かつて「福岡県社会保育短期大学附属幼稚園」を擁していた。

福岡県社会保育短期大学に関する書物[編集]

  • 『福岡県社会保育短期大学10周年記念誌』
  • 『福岡県社会保育短期大学25年記念誌』:1993年、閉学を記念して発行された書物。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 幼児の生活習慣形成に関する保育者の意識 (第 1 報): しつけの現状より
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』254頁より。
  3. ^ a b 昭和43年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す)27頁より。
  4. ^ a b 1992年度版『総覧』と略す)52頁より。
  5. ^ 1984年および1987年度の冊子が福岡県立図書館に保管されている。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]