神崎敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神崎 敏雄(かんざき としお、1912年11月5日 - 1997年1月22日)は日本政治家。元日本共産党大阪府大阪市議、同衆議院議員関西中小工業協議会初代事務局長[1]

来歴[編集]

大阪府大阪市出身。大阪市議を経て1972年第33回衆議院議員総選挙旧大阪6区から出馬し初(及びトップ)当選を果たす。以後、1976年第34回衆議院議員総選挙での落選を挟み1979年第35回衆議院議員総選挙にて再選。
党内では議会対策委員長や府党常任委員などを歴任した。

1997年1月22日、誤嚥肺炎のため大阪市の病院で死去。84歳。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 関中協会報№434 2009年2月号p.6「元気企業 『安全・安心』はおまかせ」より

関連項目[編集]