石垣明日花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石垣 明日花(いしがき あすか、1988年5月24日 - )は、松竹芸能に所属していた元お笑い芸人ピン芸人)。東京都江戸川区出身。身長145cm、血液型はA型。

高校生で芸人デビューしたため『現役女子高生芸人』と言われた。なお、2007年からは大学に進学している。

名前の由来は2人の姉の名前に『日』『花』の文字が付くので、その2字を使った名前にしようとして名付けられたという[1]

来歴・人物[編集]

  • お笑いを目指したきっかけは、中学生の当時いじめられていた頃に『爆笑オンエアバトル』などのお笑いのテレビ番組を見て、人を元気にしてくれるお笑いの魅力に惹かれたことだったという[2]。松竹芸能の先輩のオジンオズボーンに憧れて、ということもあった[3]
  • 2005年、高校2年生の5月に松竹芸能東京養成所に7期生として入所、同年6月2日の『ただいま養成所ライブ』の1分ネタコーナーで初舞台。同年8月から松竹芸能のライブ『サンパチ魂』、太田プロのライブ『やる気な彼女』ゲストなど、多くのライブに出演する。
  • 2006年1月〜2月、R-1ぐらんぷりに出場、2回戦まで進出。
  • 2006年11月、大学受験のため一時活動休止。大学合格のため、翌月12月から活動再開、12月2日放送の『エンタの神様』(日本テレビ)に出演。
  • しゃべる小動物』を自称している。
  • ダンスが特技であり、物心付いた時から得意だったという。
  • 英語検定2級の資格を持っている。
  • ネタの中に決め台詞を多用していた(これまでのものには、『あ、決まった!』『マジ事件!(マジ危険!)』『ありありあり!』など)。
  • 石垣はデビュー当時から、2007年の流行語ともなった「どんだけ!」というギャグを多用していた。このフレーズの新宿2丁目での流行は、石垣が出演しているライブを見た人物が2丁目の店で連呼したことがきっかけという説がある。TBSテレビリンカーン」やIKKOらに使われるようになり、「もぅアタシがやってもアタシのだって見てもらえないし」という理由でやらなくなった。「どんだけ!」のギャグが元は石垣のものであった事も、エンタの神様でのネタが普段本人のやるネタとは異なる事も生のライブを見ていた人間の間では有名な話である。
  • 2008年4月を以って、お笑い芸人としての活動を終了し、松竹芸能も退社したことを自身のブログで発表した([1])。なお、芸人としての最後のライブ出演は、同年4月12日の『ガールズガーデン』(東京都中野区・Studio twl)となった。

出演[編集]

テレビなど[編集]

  • エンタの神様(2006年12月2日出演) - キャッチコピーは『プチベリーな女子高生』
出演直後に『あべこうじのパクリだ』などとの批判が本人の公式ホームページの掲示板に殺到し、その翌日には掲示板が閉鎖される騒ぎとなり(その後、管理人が投稿内容をチェックする形になって再開)、本人が日記にも『あれはいつもの自分のネタとは違う』などといった内容を書き込んでいる(後に削除・修正)。これについてはエンタの神様#番組での事件なども参照のこと。

ライブ[編集]

  • サンパチ魂
  • やる気な彼女
  • ガールズガーデン(中野Studio twl)
など

雑誌[編集]

  1. ^ エンターブレインムック『お笑いタイフーン Vol.18』(出典)
  2. ^ エンターブレインムック『お笑いタイフーン Vol.16』(出典)
  3. ^ 週刊大衆』(双葉社)2005年12月5日号『ビジュアル系美人芸人30組』(出典)