石原碩夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石原 碩夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県
生年月日 (1940-01-01) 1940年1月1日(79歳)
身長
体重
177 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年
初出場 1962年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石原 碩夫(いしはら せきお、1940年1月1日 - )は、岡山県[1]出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

岡山東商業高校では1957年夏の東中国大会準決勝に進出するが、松江商に敗退し甲子園には届かなかった。

高校卒業後は、社会人野球東洋紡岩国に進む。

1961年東映フライヤーズへ入団[1]。2年目の1962年には2勝を挙げ、同年の阪神タイガースとの日本シリーズにも出場、第3戦に登板した。

1965年に安藤元博吉田勝豊と共に、池沢義行山崎正之坂崎一彦との3対3の交換トレードで、読売ジャイアンツに移籍。ジャイアンツでは公式戦での登板機会が無く、同年限りで現役を引退した[1]

サイドスローで制球力に優れた投手だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 東映 10 4 0 0 0 2 2 -- -- .500 117 29.1 20 2 6 0 4 19 1 0 6 6 1.80 0.89
1963 11 3 0 0 0 0 2 -- -- .000 108 25.2 30 3 5 0 1 15 0 1 17 14 4.85 1.36
1964 12 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 95 21.2 26 5 4 0 0 14 0 0 14 14 5.73 1.38
通算:3年 33 9 0 0 0 2 5 -- -- .286 320 76.2 76 10 15 0 5 48 1 1 37 34 3.99 1.19

背番号[編集]

  • 65 (1961年)
  • 36 (1962年 - 1964年)
  • 45 (1965年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、45ページ

関連項目[編集]