百瀬川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
百瀬川
水系 一級水系 淀川
種別 一級河川
延長 12.0 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 20.2 km²
水源 野坂山地(滋賀県)
水源の標高 -- m
河口・合流先 琵琶湖(滋賀県)
流域 滋賀県
テンプレートを表示

百瀬川(ももせがわ)は滋賀県高島市内を流れる一級河川

概要[編集]

マキノ町知内で琵琶湖に注ぐ。上流域からの土砂流出が多く、土砂が堆積した結果、典型的な天井川となり、周囲の地面と河床との高低差は7mに達する[1]。上流部(大沼から沢地先)にて明瞭な扇状地を形成している[2][3]。川の堤防が高く、橋を架けると両岸は急坂とならざるを得ないため、川の下をくぐるトンネル(百瀬川隧道)が建設された[3]

現在では、近くの生来川に合流するよう流路変更及び改修が行われ、河口から1.5kmの区間は天井川の状態を解消している[1]

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 河川・ダム管理担当”. 滋賀県. 2015年6月4日閲覧。
  2. ^ 第81回 琵琶湖水系百瀬川の扇状地地形と河川争奪(京都大学自然地理研究会)
  3. ^ a b 百瀬川隧道の成立”. 高島市. 2015年6月4日閲覧。