田原浩史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たはら ひろし
田原 浩史
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県相模原市
生年月日 (1965-05-17) 1965年5月17日(53歳)
最終学歴 慶應義塾大学文学部卒業
勤務局 テレビ朝日
部署 編成局アナウンス部
活動期間 1988年 -
ジャンル 報道系
公式サイト 田原浩史プロフィール
出演番組・活動
過去 本文参照
その他 テレビ朝日アスクゼネラルマネジャー(2010年4月 - 2013年7月)

田原 浩史(たはら ひろし、1965年5月17日 - )は、テレビ朝日編成局アナウンス部統括担当部長、アナウンサーテレビ朝日アスク元・学校長。

来歴・人物[編集]

神奈川県立相模原高等学校を経て慶應義塾大学文学部へ進学。大学卒業後の1988年に、アナウンサーとしてテレビ朝日へ入社した。同期入社のアナウンサーは田中真理子(現在は退社)。卒業後に同大学の大学院で国語学を専攻する予定だったが、大学院受験への試験勉強中にたまたま同局のアナウンサー試験を受けたところ、採用に至ったという[1]

テレビ朝日への入社後は、スポーツ中継の実況・リポーターや、ニュース番組のキャスターを担当。『ANN NEWS&SPORTS』の土曜版では、2002年4月6日から2012年9月30日の放送終了まで、10年半にわたってニュースキャスターを務めた。また、2002年10月から2009年5月7日までは、『スーパーJチャンネル』木曜日の特集企画「迷宮の扉」で日本各地の現場を取材。2006年4月頃の滋賀県取材で、47都道府県踏破を達成した。このうち、沖縄県にはゴルフの中継で訪れたのみだったが、後に「迷宮の扉」の取材でも赴いている。

また、テレビ朝日の公式サイトでは、アナウンス部の有志で結成した「日本語研究室」の主任研究員を担当。2010年4月から2013年7月までは、当時の先輩アナウンサー・松井康真の後任として、テレビ朝日アスクゼネラルマネジャー(学校長)を務めていた。

2013年8月からは、中山貴雄と入れ替わる格好でアナウンス部に復帰。復帰後は、同部の管理職(統括担当部長)を務める関係で、放送にはほとんど登場していない。

過去の出演番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]