田中誠二 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 誠二(たなか せいじ、1897年5月30日 - 1994年12月23日[1])は、日本法学者。専門は商法一橋大学名誉教授、初代法学部長法学博士1981年12月12日から1994年まで日本学士院会員。指導学生等に堀口亘(一橋大学名誉教授)、好美清光(一橋大学名誉教授)、吉永榮助(一橋大学名誉教授)、加美和照中央大学名誉教授)などがいる。

来歴[編集]

ゼミ生[編集]

田中ゼミ出身者に堀口亘(一橋大学名誉教授)、好美清光(一橋大学名誉教授)、並木俊守(元日本大学教授、人気弁護士)、加美和照中央大学名誉教授)、原茂太一(元青山学院大学教授)、佐藤節子(元青山学院大学教授)[2]柿沼幸一郎(元公正取引委員会委員)、岡村勲(元日本弁護士連合会副会長)[3]倉島研二(元法務省法務総合研究所教官)[4]など。また吉永榮助(一橋大学名誉教授)も助手時代に指導を受けた[5][6]

研究領域[編集]

著書[編集]

代表的なものとして、

  • 『会社法詳論 上下巻』(勁草書房
  • 『会社法』(千倉書房、1949年、新版、1963年、1982年)
  • 『法学通論』(千倉書房、1949年、新版、1965年、1979年)
  • 『海商法』(千倉書房、1951年、新版、1958年)
  • 『商法概説』(千倉書房、1952年、新版、1982年)
  • 『商行為法』(千倉書房、1952年、新版、1958年、1998年)
  • 『手形法・小切手法』(千倉書房、1955年、新版、1982年)

などがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.354
  2. ^ 「 博士課程」
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ 好美清光「一橋における民法学」一橋論叢
  6. ^ 石井吉也「愛知大学の創立者本間喜一」愛知大学史研究 1 2007-10-31

関連項目[編集]