煙石博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
えんせき ひろし
煙石 博
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県広島市
生年月日 (1946-11-02) 1946年11月2日(72歳)
最終学歴 広島商科大学短期大学部
活動期間 1969年 - 2007年
ジャンル ラジオ番組
出演番組・活動
過去 なんでもジョッキーなど

煙石 博(えんせき ひろし、1946年11月2日[1] - )は、日本のアナウンサーラジオパーソナリティ。元中国放送アナウンサー

人物[編集]

広島県広島市出身[1]。高校1年生の時に広島県放送劇コンクールで助演賞受賞[2]、高校2年生の夏休みに開催された高校放送コンクール全国大会に、広島県代表として参加して4位入賞[2][3]。その後、広島商科大学短期大学部卒業[1]1969年(昭和44年)中国放送へ入社[4][5][注釈 1]。広島弁での語り口はラジオリスナーの心を掴んでいた。入社早々の1970年(昭和45年)から担当した『ヤングポップス』では「仏のえんちゃん」と呼ばれ[6]、また「えんちゃん」の愛称で親しまれた。

1985年頃放送された『世の中土曜日うきうきワイド』を担当するまでは主に1人でのトーク番組を担当[7]。その後、同局で28年間にわたり放送されたラジオ番組『なんでもジョッキー』では1985年(昭和60年)から2003年(平成15年)まで18年にわたりパーソナリティーを務めた。在職中にCM部門でアノンシスト賞を受賞している[1]。役職の方も、1996年(平成8年)当時、ラジオセンター専任部長を務めていた[5]

現役当時は人気あるアナウンサーで、例として1990年(平成2年)に行われたローカル誌の在広アナウンサー人気投票で第六位に選ばれている[8][注釈 2]

俳句作詞を趣味にしており、日本作詞家協会の会員(会員No428)[1]でもある。

また、覆面執筆者がんす頑次郎として、『月刊レジャー広島』[注釈 3]に連載を続けた[10]

2003年(平成15年)には、広島県人権啓発活動ネットワーク協議会にメッセージを寄せている[11]。また同年、期間限定で広島電鉄路面電車の車内アナウンステープの吹き込みを広島弁で行った。

2007年(平成19年)3月31日、37年6か月間勤務した中国放送を定年退職。最後に担当した番組は、定年の日に放送された『土曜はドドーンと満員御礼』だった[12]。煙石と同様に定年まで中国放送に勤務した上野隆紘世良洋子山原玲子のように定年後に中国放送のレギュラー番組を持っていないが、後述の事件まで地元・広島市周辺でのイベントへのゲスト出演や講演活動等で時折公の場に出ることがあった。

2018年5月9日放送のTBSテレビ1番だけが知っている』で北村晴男弁護士が魂震えたという99.9%逆転不可能と思われた冤罪事件として紹介され煙石博がVTR出演した。

冤罪事件[編集]

2012年(平成24年)10月11日、同年9月24日午前9時20分頃、広島市南区内の銀行支店で、記帳台に女性会社員が置き忘れた6万6600円入りの封筒を盗んだ疑いにより、広島県警察本部広島南警察署に逮捕された[13]。同年11月1日起訴[14]。警察の取調べに対しては容疑を否認していた[14]

2013年(平成25年)11月27日、広島地方裁判所は、「客観的なビデオカメラの映像から、被告人以外の者が犯人とはいえない」「被告人の供述は信用できない」として、窃盗罪が成立するとし、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。即日控訴[14]

2014年(平成26年)12月11日、広島高等裁判所(刑事第一部高麗邦彦裁判長)は控訴棄却の判決を言い渡した。即日上告[14]

2016年(平成28年)12月15日、最高裁で弁論を開く事を決定[15]。最高裁では事実認定を行うことが余りないので、最高裁で弁論を開く事は異例のことであった[15]2017年(平成29年)2月17日、最高裁で弁論が行われた[14][16]。同年3月10日、上告審判決で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は、一、二審判決を破棄し無罪を言い渡した[17][18][19]。担当した4人の裁判官の内3人が無罪を支持した[19]

この冤罪事件は裁判の一審段階から、冤罪の専門誌では冤罪の疑いが指摘されており[20][21]、友人たちが作った支援組織が最高裁判決までに9500を超える署名を集めた[22]

担当番組[編集]

ラジオ[編集]

  • ヤングポップス(1970年 - 1978年)[6] - 毎週金曜日深夜に放送された若者向けラジオ番組[6]
  • おはようラジオ[11](1973年頃) - 朝ワイド番組。放送開始当初に担当していた。
  • 世の中土曜日うきうきワイド(1985年頃)[7] - 土曜14時から15時55分まで放送された番組[7]
  • なんでもジョッキー(1985年 - 2003年) - 平日昼のワイド番組。時期により曜日、放送時間、パートナーが変わっている。
  • 三菱ダイヤモンドハイウェイ
  • トラッドでいこう( - 2007年3月) - 日曜日17時から放送された番組。山陽放送および静岡放送でも放送された[23]
  • 土曜はドドーンと満員御礼(2003年4月 - 2007年3月)[12] - 土曜13時から15時まで放送された番組[12]

連載[編集]

  • 『がんす頑次郎』 - 『映画手帖』→『月刊レジャー広島』連載
前任者の覆面投稿者がんす頑太郎[注釈 4]の病気により1982年1月号を最後に休載したことに伴い、代役の形で1982年3月から執筆を開始[28]。執筆当初は連載の形は取っていなかった[28]1983年(昭和58年)1月号から正式に連載を開始した[29]。前任者に倣い覆面投稿者として執筆[29]。頑太郎の文体を真似る形で、がんす言葉(広島弁)で書かれた[28][注釈 5]。『レジャー広島』が廃刊となる2002年(平成14年)12月号まで、240回連載を続けた[10][注釈 6]。『レジャー広島』廃刊時に行われた、がらくた市で行われたサイン会で、正体が煙石であることを明らかにした[31]

出版書籍[編集]

  • 『がんす頑次郎』(広島映画手帖社、がんす頑次郎、1996年)
『月刊レジャー広島』での連載を書籍化。1982年(昭和58年)3月号から1996年(平成8年)7月号までに掲載された868編の内、488編を選び掲載した[28][注釈 7]。販売後、紀伊國屋書店広島店での売り上げ上位に入り、3版まで重版された[29]。本書籍内に、煙石の名で特別寄稿文「使おうやあ広島弁・・・」を寄せている[29]

作詞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2004年(平成16年)発行のRCCアナ本 2004, p. 185には社歴35年とある。
  2. ^ 『月刊レジャー広島1990年2月号』の投票で、得票数1467票(複数投票可能)の内、338票集めている[8]。その時の投票は、『なんでもジョッキー』のパーソナリティ全員がトップ10内に選ばれており、上野隆紘が一位(578票)、世良洋子が三位(461票)、木下和恵が四位(395票)集めている[8]
  3. ^ 執筆開始から1987年(昭和62年)までは『映画手帖』[9]
  4. ^ 正体は浜崎左髪子。画家で、浜本工芸や酔心のロゴなども作成していた[24]。1989年[25][26]11月21日死去[27]。生前からの約束通り没後、レジャー広島にて正体を公表した[27]
  5. ^ 読者から、がんす言葉の間違いについて指摘の投書も寄せられたこともある[30]
  6. ^ 連載で無かった1982年(昭和57年)3月から12月分を加えると250回になる。
  7. ^ 『ヒロシママガジン』に1983年(昭和58年)1月号からの連載[29]とあるが間違い。
  8. ^ a b JASRACの作品データベース検索サービスで確認出来ず。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e RCCアナ本 2004, p. 185.
  2. ^ a b 『DJ名鑑』三才ブックス〈別冊ラジオパラダイス〉、1987年、258頁。全国書誌番号:87035855
  3. ^ がんす頑次郎 1996, pp. 218-219.
  4. ^ がんす頑次郎 1996, p. 219.
  5. ^ a b がんす頑次郎 1996, p. 221.
  6. ^ a b c RCCアナ本 2004, p. 184.
  7. ^ a b c RCCアナ本 2004, p. 106.
  8. ^ a b c 『月刊レジャー広島』1990年2月号、17-20頁。
  9. ^ ヒロシママガジン 2003, p. 115.
  10. ^ a b 『月刊レジャー広島』2002年12月号、62頁。
  11. ^ a b 煙石 博さん(中国放送アナウンサー)”. 広島県人権啓発活動ネットワーク協議会 (2013年3月) 2018年5月19日閲覧。
  12. ^ a b c 土曜はドドーンと満員御礼(Internet Archiveより) - 中国放送
  13. ^ 中国放送元アナ 置き引きで逮捕”. デイリースポーツ (2012年10月12日) 2012年10月12日閲覧
  14. ^ a b c d e 「「荷物やっと降ろせる」 煙石さん 友人ら署名9564筆」、『中国新聞』2017年3月11日号、31面。
  15. ^ a b 「銀行で窃盗」無罪か=広島の男性、2月弁論-最高裁”. 時事通信 (2016年12月15日). [リンク切れ]
  16. ^ 元アナ弁護側、最高裁で窃盗無罪主張 有罪見直されるか”. 朝日新聞 (2017年2月27日). [リンク切れ]。“NewsPick”. 2018年5月19日閲覧。
  17. ^ 窃盗罪問われた元中国放送アナに逆転無罪判決 最高裁 - 朝日新聞 (2017年3月10日) [リンク切れ]。“NewsPick”. 2018年5月19日閲覧。
  18. ^ 窃盗罪に問われた元アナウンサーに無罪 最高裁「重大な事実誤認」”. 産経ニュース (2017年3月10日) 2018年5月19日閲覧。
  19. ^ a b 「煙石さん逆転無罪 最高裁判決 「重大な事実誤認」」、『中国新聞』2017年3月11日号、33面
  20. ^ 「事件」無き冤罪! 広島元アナウンサー「銀行置き引き」事件!」、『冤罪File No.21』希の樹出版、2014年7月。
  21. ^ 大いなる疑問! そもそも封筒にお金は入っていたのか? 広島元アナウンサー銀行置き引き事件「続報」」、『冤罪File No.22』希の樹出版、2015年3月。
  22. ^ 窃盗罪の元アナウンサーに逆転無罪判決 「重い荷物、やっとおろした」 無罪の煙石博さん”. 産経ニュース (2017年3月10日) 2018年5月19日閲覧。
  23. ^ a b c d RCCアナウンサーROOM 〜煙石博〜(Internet Archiveより) - 中国放送
  24. ^ ヒロシママガジン 2003, pp. 97-100.
  25. ^ 広島夕景”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2018年5月19日閲覧。
  26. ^ 浜崎, 左髪子, 1912-1989”. Web NDL Authorities. 国立国会図書館. 2018年5月19日閲覧。
  27. ^ a b 『月刊レジャー広島』1990年1月号、111頁。
  28. ^ a b c d がんす頑次郎 1996, pp. 2-3.
  29. ^ a b c d e ヒロシママガジン 2003, pp. 140-145.
  30. ^ がんす頑次郎 1996, pp. 234-235.
  31. ^ ヒロシママガジン 2003, pp. 166-170.
  32. ^ 作品データベース検索サービスにて確認

参考文献[編集]

外部リンク[編集]