炎亜綸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「炎亞綸」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
アーロン
炎 亜綸
炎 亜綸
生年月日 (1985-11-20) 1985年11月20日(36歳)
出生地 中華民国の旗 台湾台北市
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
テンプレートを表示
炎 亜綸
アーロン
職業: 俳優歌手
各種表記
繁体字 炎 亞綸
簡体字 炎 亚纶
拼音 yán yàlún
注音符号 ㄧㄢˊ ㄧㄚˋ ㄌㄨㄣˊ
和名表記: アーロン
発音転記: イェン・ヤールン
英語名 Aaron Yan
テンプレートを表示

炎 亜綸アーロン、Aaron Yan、イェン・ヤールン、1985年11月20日 - )は、台湾俳優歌手台湾のアイドルグループ『飛輪海』のメンバー。

プロフィール[編集]

人物・来歴[編集]

  • 2004年、インターネットの美少年投票で、1位を獲得し現事務所に入所した。
  • 2010年、兵役の健康診断を受け「退行性関節炎」と診断され、兵役免除となっている。
  • 飛輪海でメインボーカルを担当。
  • 2011年、「下一個炎亞綸」でソロデビュー。
  • 陳柏霖(チェン・ボーリン)、林志玲(リン・チーリン)と共に出資し、台北にある高級美容室「&HAIR」を経営している。
  • 父親は台湾大学付属病院の内科腎臓科・綜合診療部血液淨化科で主任医師をしていた[2]
  • アメリカコネチカット州に5年間住んでいた。
  • 日本のドラマを多数見ており、木村拓哉出演のドラマや「半沢直樹」などを視聴した[3]
  • 最も共演したい日本の役者は上野樹里[3]
  • 2020年、ソニー・ミュージック台湾に移籍[4]
  • 2020年11月27日、友人と共同出資で台中市にドリンクスタンド「茶明載波」を開店[5]
  • 2021年3月1日、今後の俳優業では本名の呉庚霖(ウー・ゲンリン)を使用すると発表された[1]
  • 2021年トーク番組「36題愛上你」の司会で第56回電視金鐘奨にノミネートされ、綜藝節目主持人獎を受賞した[6][7]

出演作品[編集]

ドラマ[編集]

司会[編集]

  • 2020年 36題愛上你[9]
  • 2020年 第55屆金鐘奨[10]
  • 2021年 Live Asia超級週末現場[11]
  • 2021年 Be the ONE:A級戦場[12]

バラエティ番組[編集]

  • 2021年 BE THE ONE A級戰場[13]

CM/イメージキャラクター[編集]

音楽作品[編集]

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

デジタルアルバム[編集]

シングル[編集]

※AARON 名義

DVD[編集]

  • 『The Aaron Time 影音館DVD』 2014年12月17日 日本版発売

書籍[編集]

  • ビジュアルブック『Taipei Dreamin' 〜夢遊私台北〜』 2013年12月18日 日本版発売

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b フォーカス台湾 (2021年3月1日). “アーロン、俳優業は「本名」使用へ=カルト犯罪ドラマに主演/台湾”. 2021年3月1日閲覧。
  2. ^ 自由時報 (2021年6月11日). “炎亞綸醫師爸爆「好心肝名單內」 出面回應了”. 2021年6月11日閲覧。
  3. ^ a b 【インタビュー】「王子様をオトせ!」アーロンインタビュー 「僕にもコメディ演技ができる」#2”. Cinem@rt MAGAZINE (2016年11月9日). 2020年5月30日閲覧。
  4. ^ フォーカス台湾 (2021年1月14日). “アーロン、移籍後初のアルバムリリース アイドルからアーティストに/台湾”. 2021年1月16日閲覧。
  5. ^ 聯合新聞網 (2020年11月17日). “炎亞綸手搖店「茶明載波」正式上線!1000次奶蓋烏龍茶、茉莉厚奶綠必喝”. 2020年11月17日閲覧。
  6. ^ ETtoday新聞雲 (2021年9月2日). “炎亞綸首入圍金鐘獎 電話狂響「以為我又闖禍」:不敢相信!”. 2021年9月2日閲覧。
  7. ^ a b 三立新聞網 (2021年10月2日). “金鐘56/唐綺陽、吳姍儒、炎亞綸榮獲綜藝主持人獎”. 2021年10月2日閲覧。
  8. ^ 【日台共同制作ドラマ】主演・波瑠 日本と台湾の人々のあたたかな心の絆を描く 日台共同制作ドラマ「路(ルウ)~台湾エクスプレス〜」”. NHK_PR. 2020年5月30日閲覧。
  9. ^ 聯合新聞網 (2020年4月11日). “炎亞綸升格當主持人!超強搭檔「合體唐綺陽、吳姍儒」”. 2020年6月28日閲覧。
  10. ^ TVBS新聞網 (2020年9月10日). “金鐘主持吸睛! Lulu搭盧廣仲、曾國城加炎亞綸”. 2020年9月26日閲覧。
  11. ^ AARON日本公式サイト ☆TASIA(スターシア) (2021年1月21日). “AARONが台湾歌番組「Live Asia超級週末現場」のMCに決定”. 2021年2月13日閲覧。
  12. ^ 自由時報 (2021年8月20日). “炎亞綸接選秀主持棒 伴30男孩走上成團之路”. 2021年8月20日閲覧。
  13. ^ ETtoday新聞雲 (2021年3月30日). “「以為爸爸是最反對的一個」 炎亞綸公開父子對話”. 2021年3月30日閲覧。
  14. ^ 三立新聞網 (2020年10月28日). “炎亞綸當老闆狂接代言 月入7位數終有「代表作」曝光新歡”. 2020年10月29日閲覧。
  15. ^ 自由時報 (2021年3月27日). “不只懂地震 全台大缺水炎亞綸說話了”. 2021年3月27日閲覧。
  16. ^ AARON日本公式サイト ☆TASIA(スターシア) (2021年11月1日). “AARON「Vacation」2021.11.12 配信決定”. 2021年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]