漢國神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漢國神社
Kangou-jinja, shaden.jpg
本殿(右:奈良県指定文化財)と拝殿(左)
所在地 奈良県奈良市漢国町6
位置 北緯34度41分01秒
東経135度49分31.5秒
座標: 北緯34度41分01秒 東経135度49分31.5秒
主祭神 大物主命
大己貴命
少彦名命
社格 式内小社(論)・旧県社
創建 推古天皇元年(593年
本殿の様式 三間社流造・桧皮葺
(奈良県指定文化財)
別名 饅頭神社
例祭 10月17日
主な神事 4月19日「饅頭まつり」
6月5日鎮花祭[1]
6月15日節用集祭り
6月17日三枝祭[1]
テンプレートを表示

漢國神社(かんごうじんじゃ)は、奈良県奈良市にある神社である。式内小社論社)、旧社格県社

祭神[編集]

園神(そのかみ)として大物主命、韓神(からかみ)として大己貴命少彦名命を祀る[1]延喜式神名帳で宮中宮内省に祀られ名神大社に列すると記される園神社・韓神社は当社からの勧請であると社伝では伝える。

歴史[編集]

推古天皇元年(593年)2月3日、勅命により大神君白堤(オオミワノキミ シラツツミ)が園神を祀ったのに始まると伝える[1][脚注 1]。その後、養老元年(717年)11月28日、藤原不比等が韓神二座を相殿として合祀したという。かつては春日率川坂岡神社あるいは園韓神社と称していたが、韓神の韓が漢に、園神の園が國となり、「漢國神社」という社名になったと伝える[1]貞観元年(859年)1月27日、平安京内の宮内省に当社の祭神を勧請し、皇室の守護神としたと社伝では伝えているが、平安京の園神社・韓神社の社伝とは矛盾している。

治承4年(1180年)兵火にかかり炎上[1]文治4年(1188年)に興福寺一乗院覚昭大僧正の奏聞により、率川・坂岡両所の造営があった[1]慶長年間になって、徳川家康より法蓮村において知行田5反余りを寄付され、社殿の修理を加えた[1]

境内[編集]

本殿[編集]

三間社流造・桧皮葺で、屋根に箱棟を載せる[1]。桁行三間・梁行一間で、前方に一間の向拝がつく[1]。建造は桃山時代で、営繕の明細が記された慶長15年(1610年)の文書が神社に伝わるため、詳細を知ることができる[1]。県指定有形文化財[脚注 2][2]

境内社[編集]

林神社[編集]

林神社
饅頭塚

境内社の林神社(りんじんじゃ)は、日本唯一の饅頭の神社。貞和5年(1349年)に中国から来日し、漢国神社社頭に住居して日本初となる饅頭を作ったという、饅頭の祖・林浄因が祀られている[1]ことが名前の由来。1978年昭和53年)に菓祖神の田道間守を合祀し、饅頭・菓子の祖神の神社として関係業界の信仰を集める[1]

林浄因の命日である4月19日には、菓業界の繁栄を祈願する例祭「饅頭まつり」が行われ、全国各地の菓子業者が神前に自家製の銘菓を献上するほか、一般参拝者向けにも無料で饅頭と抹茶がふるまわれる[3][4]

また、林家から出た碩学、林宗二の著作『饅頭屋本節用集』に因み、民間印刷業の原点として6月15日、印刷・出版業界の参列のもと節用集祭りが執り行われる[1]

境内にはその他、巨石を伏せた饅頭塚もある[1]

葵神社[編集]

東照大権現を祀る[1]

宇賀御魂神社[編集]

宇賀御魂神を祀る[1]1924年大正13年)に山の寺から勧請し、源九郎稲荷ともいう[1]

八王子神社[編集]

八王子神を祀る[1]。伝に宗像正前大神とも、神屋楯姫命ともいう[1]

水神社[編集]

手水社に祀られている[1]

鎧蔵[編集]

宝物として、慶長19年(1614年)の大坂の陣の際、徳川家康が社参し奉納した鎧1領[脚注 3]がある[1]。これを納める土蔵を鎧蔵と呼んでいる[1]が、現在は県指定有形文化財[脚注 4]に指定され、奈良国立博物館に保管されている[2]。現在神社では、神楽殿にレプリカが展示されている。

白雉塚[編集]

養老5年(721年)に百済より貢献された白雉が、同7年(723年)に当社に納められ、神亀元年(724年)9月18日これを埋めたとされる塚が残されている[1]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『奈良市史 社寺編』 奈良市史編集審議会吉川弘文館1985年、179頁。ISBN 4642015493
  2. ^ a b 奈良市教育委員会 現地設置案内板
  3. ^ 饅頭祭/林神社(漢国神社)奈良市観光協会ホームページ
  4. ^ 林神社饅頭まつり春日野奈良観光

脚注[編集]

  1. ^ 大三輪三座鎮座次第」によると、大神君白堤が勅を奉じて春日邑率川・坂岡の両所を奉斎した。
  2. ^ 1951年昭和26年)11月1日指定
  3. ^ 茶糸威胴丸具足。徳川家に仕えた奈良の甲冑師、岩井与左衛門の作と考えられる。(奈良市教育委員会設置の案内板より)
  4. ^ 2004年平成16年)3月3日指定

参考文献[編集]

  • 奈良市教育委員会 現地設置案内板

外部リンク[編集]