滝沢聖峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

滝沢 聖峰(たきざわ せいほう、1963年 - )は、北海道札幌市出身の漫画家東京造形大学卒業。

人物[編集]

当初は少女漫画家志望だったが(本人談)、モデルグラフィックスへの持ち込みでデビュー。

アニメ監督・漫画家の今敏とは小学生時代の同級生でもあり、友人であった。SF・オカルトのファンで、草野球が趣味であるという。

作風[編集]

戦記漫画を主に手がけ、第二次世界大戦時の日本軍の航空戦記が特に多い。歴史漫画怪奇漫画の著作もある。徹底的に考証にこだわっており、細密な線による端正な画風で、リアルなメカ描写と骨太な人間の描写双方を得意としている。

デビュー当初の画風は大友克洋の強い影響を受けたものであった(大友作画の『気分はもう戦争』を見て以来、それまでの世界観が全て覆されたという)。現在の滝沢の作風にも、過剰な描き込みは避けて余白を広く取った画面、淡々とした描写を好むことなどに大友の影響が色濃く残っている。胴長短足のリアルな体型や日本人らしい顔立ちのキャラクター造形も特徴であったが、近年はキャラクターのかっこよさ・かわいらしさを意識してか、目を大きく、手足を長くするなど絵柄に変化が見られる。

主な作品[編集]

漫画[編集]

  • 幻の豹 The Panther in Ukraina 1950 (大日本絵画)
    第二次世界大戦敗戦でソ連軍捕虜となった、ドイツ・日本元戦車兵の収容所での反乱・脱走を描く。
    「JUNGLE EXPRESS」を併録。
  • 蒼空の咆哮(大日本絵画) 初期短編集 10話掲載
    三式戦B29P51キ74Ta152D21F4F九七艦攻一式戦P-400靖国零戦一式陸攻Do335雷電等が登場。
  • 飛燕独立戦闘隊(大日本絵画) 原作:松本良男「秘めたる空戦」
    ソロモンニューギニアフィリピン戦線を三式戦「飛燕」で転戦した陸軍士官空中勤務員を描く。
  • ばら物語(大日本絵画) 全4巻
  • 碧の孤狼(大日本絵画) 極初期短編集 6話掲載 
  • 撃墜王(日本出版社) 初期短編集 8話掲載
  • 迎撃戦闘隊 ニューギニア戦線(日本出版社)
    二式複戦「屠龍」・一式戦「隼」を駆って南方戦線で激闘する陸軍下士官空中勤務員を描く。
  • 帝都邀撃隊 迎撃戦闘隊・本土防空編(日本出版社)
    「ニューギニア戦線」の続編。内地へ帰還した主人公が再び二式複戦「屠龍」で来襲するB29を邀撃する。終盤、五式戦P51に空戦を挑み、撃墜されるが生還する。
  • 空母艦攻隊(日本出版社)
    真珠湾攻撃から南太平洋海戦までを九七艦攻で戦った海軍搭乗員ペアを描く。
  • ガンズアンドブレイズ(小学館)上下巻
    月刊IKKI』連載。
    幕末新政府軍に対抗し蝦夷地で戦う、旧幕府遊撃隊佐々木清四郎と伝習歩兵早川伝次。陥落目前の五稜郭を脱走した二人は、偶然入手した新撰組副長土方歳三の遺骸の埋葬地図を巡り、薩摩藩脱走軍取り締まり方古賀武四郎の追跡をかわして道内を彷徨する。
  • 明けの彗星(小学館) 短編集 8話掲載
  • 新太平洋戦記(双葉社) 短編集 9話掲載
    新装版は『零の帰還』と改題され、双葉社より刊行された。
  • WHO FIGHTER with HEART OF DARKNESS(大日本絵画)
    太平洋戦争末期、本土防空戦に奮戦する陸軍空中勤務員が遭遇した未確認飛行物体を巡る不可思議な現象を描く。
    「HEART OF DARKNESS」「TANKS」を併録。
  • 安部窪教授の理不尽な講義(小学館)全2巻
    ビッグコミックスピリッツ』2004年31号 -、不定期連載。
    三流私立大学の教授、安部窪太が超常現象を次々と解明する。
    コンビニ版コミックでは『怪奇大作戦』に改題された。
  • 東京物語(大日本絵画)上下巻
    新太平洋戦記収録の同名短編の長編化。設定やストーリーは大きく変えられている。
    新装版が双葉社より上下巻刊行。
  • 女流飛行士マリア・マンテガッツァの冒険(小学館)既刊4巻
    ビッグコミックオリジナル増刊号』連載。
  • 二兎物語(リイド社)全2巻
    コミック乱』2014年3月号 - 2015年4月号連載。
    文化庁メディア芸術祭マンガ部門第19回審査委員会推薦作品に選ばれた[1]
  • 刀剣乱舞-ONLINE-乱(リイド社)
    『コミック乱』2018年7月号掲載。劇画アンソロジー企画の第2弾として描かれた作品。

イラスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 二兎物語 審査委員会推薦作品 - 文化庁メディア芸術祭

外部リンク[編集]