湯の峰王子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
湯の峰王子社祠
王子社鳥居

湯の峰王子(ゆのみねおうじ)は和歌山県田辺市本宮町湯峰にある神社九十九王子のひとつで、湯の峰温泉の温泉街にほど近い、東光寺の裏手の丘の上にある。国の史跡「熊野参詣道」(2000年平成12年〉11月2日指定)の一部[1]

概要[編集]

湯の峰王子は九十九王子のひとつに数えられるものの、例えば藤原定家の参詣記に記述がないなど、中世熊野詣期の参詣記にはほとんど記録されていない。この時期の参詣道が、熊野本宮から熊野川新宮へと下っており、ルートから外れていること、また、熊野本宮大社参拝に先立っての湯垢離儀礼による潔斎がこの時期には行われていないためである[2]

ただ、湯の峰を中世熊野詣の参詣者が訪れなかったわけではない。天仁2年(1109年)、藤原宗忠は、熊野三山巡拝後に船で本宮に帰着した折に湯の峰に立ち寄り、万病を除く名湯と賞賛している(『中右記』)が、これは長旅の疲れを癒すためであり、信仰上の意義が存するわけではない。1134年長承3年)には、鳥羽院の御幸に同行した待賢門院も、休養のために湯の峰を訪ねることを企図したが、時宜を得ずに中止している[2]

史料初出は、鎌倉時代末、正中3年(1326年)の仁和寺文書『熊野縁起』に湯峰童子とあるもので、次いで文明5年(1474年)の『王子記』に「湯峯王子」の記載が見える[3] が、いずれも中世熊野詣の盛期とは大きく離れている。湯垢離儀礼による潔斎の定着もこの時期以降と考えられており、儀礼の定着に伴って新たに設けられたものと考えられている[3]。その一例として、足利義満の側室、北野殿らの一行による参詣記に、日中に本宮に到着してから、夜に行われる奉幣の前に湯の峰を訪れている例がある[2] ほか、熊野本宮大社例大祭の湯登神事(毎年4月13日)で今日でも行われている湯の峰温泉での湯垢離は、江戸時代には記載が見られる(『紀伊続風土記』)[3]

室町期ころから熊野詣が衰勢し、かわって盛んになった西国三十三所の一部に中辺路が組み込まれるようになると、参詣者たちは、熊野那智大社から雲取越えを行い、温泉での休息後、しばしば熊野本宮へ立ち寄ることなく赤木越経由で三越峠へ連絡し、紀伊田辺方面へ直接帰路をとるようになった[2][4]

近世以降の記録にはときとして名が見られ、『紀伊続風土記』には社領5石、修造は官営によるとの記述があるほか、本宮大社の管理下にある末社であったとも記されている[3][4]。もとは東光寺の境内、寺堂の右にあったが、1903年明治36年5月の火災で、東光寺の本堂ともに焼失、現在地に再建された[4]

交通機関[編集]

いずれも「湯の峰温泉」バス停で下車

所在地[編集]

和歌山県田辺市本宮町湯峰11

[編集]

  1. ^ 田辺市の指定文化財一覧表”. 田辺市教育委員会. 2009年3月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 熊野路編さん委員会[1973: 155]
  3. ^ a b c d 平凡社[1997: 794]
  4. ^ a b c 西[1987: 166]

参考文献[編集]

  • 熊野路編さん委員会、1973、『古道と王子社 - 熊野中辺路』、熊野中辺路刊行会〈くまの文庫4〉
  • 西 律、1987、『熊野古道みちしるべ - 熊野九十九王子現状踏査録』、荒尾成文堂〈みなもと選書1〉
  • 平凡社(編)、1997、『大和・紀伊寺院神社大事典』、平凡社 ISBN 458213402-5

関連項目[編集]

祓戸王子) - 湯の峰王子 - (浜王子

外部リンク[編集]

九十九王子一覧
城南宮 八軒家船着場 窪津王子 坂口王子 郡戸王子 上野王子 阿倍王子 津守王子 境王子 大鳥居王子
篠田王子 平松王子 井ノ口王子 池田王子 麻生川王子 近木王子 鞍持王子 鶴原王子 佐野王子 籾井(樫井)王子
厩戸王子 信達一ノ瀬王子 長岡王子 地蔵堂王子 馬目王子 中山王子 山口王子 川辺王子 中村王子 吐前王子
川端王子 和佐王子 平緒王子 奈久知王子 松坂王子 松代王子 菩提房王子 藤代王子 藤白塔下王子 橘本王子
所坂王子 一壷王子 蕪坂王子 山口王子 糸我王子 逆川王子 久米崎王子 井関(津兼)王子 河瀬王子 馬留王子
沓掛王子 馬留王子 内ノ畑王子 高家王子 善童子王子 愛徳山王子 九海士王子 岩内王子 塩屋王子 上野王子
津井王子 斑鳩王子 切目王子 切目中山王子 岩代王子 千里王子 三鍋王子 芳養王子 出立王子 秋津王子
万呂王子 三栖王子 八上王子 稲葉根王子 一ノ瀬王子 鮎川王子 滝尻王子 不寝王子 大門王子 十丈王子
大坂本王子 近露王子 比曽原王子 継桜王子 中ノ河王子 小広王子 熊瀬川王子 岩神王子 湯川王子 猪鼻王子
発心門王子 水呑王子 伏拝王子 祓戸王子 本宮大社 湯ノ峯王子 速玉大社 浜王子 佐野王子 浜の宮王子
市野々王子 多富気王子 那智大社 ■Template

座標: 北緯33度49分45秒 東経135度45分30秒