浜王子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜王子
HAMA-oji.JPG
本殿
所在地 和歌山県新宮市熊野地5158-2
位置 北緯33度43分1.4秒
東経136度0分7.9秒
座標: 北緯33度43分1.4秒 東経136度0分7.9秒
主祭神 稲飯命、三毛入野命
社格 村社
創建 不明
例祭 2月17日
テンプレートを表示
鳥居

浜王子(はまおうじ)は和歌山県新宮市にある神社。熊野九十九王子のひとつ。県指定史跡(1959年昭和34年〉1月8日指定)[1]

概要[編集]

浜王子の創建年代は明らかではないが、伝承によれば、神武東征の際に熊野灘で嵐に遭った際、自らの身を投じて嵐を鎮めた2柱の神、稲飯命と三毛入野命を祀ったのが起源であるという[2]。この伝承に見られるように、古くから海の神を祀る海浜の宮であったと考えられるが、熊野信仰の発展とともに熊野権現の御子神を祀る王子社として知られるようになったと見られる[3]

承元4年(1210年)の修明門院参詣記の5月4日条には、新宮・那智の間に阿須賀、高蔵、佐野、一及野の4つの王子社の存在が言及されているが、浜王子の名は見当たらず、史料上の初見は、文明5年(1474年)の『九十九王子記』に「浜王子」と記されているものである[4]。その後、江戸期に入ると『紀伊続風土記』に方36余(約120cm)の小祠と5尺(約165cm)の鳥居からなる「浜王子社」についての記述が見られる。14世紀前半にはかなりの社格があったと見え、元亨2年(1322年)には武蔵国豊島郡東京都北区)の領主であった豊島右近太夫景村なる人物が自領に勧請した(王子神社)と伝えられる[5]

1879年明治12年)に阿須賀神社に合祀されたが、1926年大正15年)に村社として独立した[6]。戦前までは松林に囲まれたゆったりとした景観を誇り、78(約258平方メートル)の境内地には現在の大浜(王子ヶ浜)の海浜地をも含んでいたと言う。その当時の景観は旧『新宮市誌』所収の写真で確認できるが、今日では周囲が住宅地化したことで失われた[2]。これは、1946年昭和21年)の南海大地震により、応急に住宅建設の要に迫られたことから、社地を含む周囲の国有地が払い下げられたことによるものである[7]

交通機関[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 県指定文化財・記念物”. 和歌山県教育委員会. 2009年3月21日閲覧。
  2. ^ a b 西[1987: 167]
  3. ^ 新宮市教育委員会・新宮市文化財審議会[1990: 31]
  4. ^ 新宮市教育委員会・新宮市文化財審議会[1990: 31-32]
  5. ^ 新宮市教育委員会・新宮市文化財審議会[1990: 32]
  6. ^ 長谷川[2007: 159]
  7. ^ 長谷川[2007: 160]

参考文献[編集]

  • 新宮市、1937、『新宮市誌』、新宮市 → 1984、新興出版社
  • 新宮市教育委員会・新宮市文化財審議会(編)、1990、『新宮市の文化財』、新宮市教育委員会
  • 西 律、1987、『熊野古道みちしるべ - 熊野九十九王子現状踏査録』、荒尾成文堂〈みなもと選書1〉
  • 長谷川 靖高、2007、『熊野王子巡拝ガイドブック』、新風書房 ISBN 9784882696292

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

王子神社(和歌山県神社庁)

九十九王子一覧
城南宮 八軒家船着場 窪津王子 坂口王子 郡戸王子 上野王子 阿倍王子 津守王子 境王子 大鳥居王子
篠田王子 平松王子 井ノ口王子 池田王子 麻生川王子 近木王子 鞍持王子 鶴原王子 佐野王子 籾井(樫井)王子
厩戸王子 信達一ノ瀬王子 長岡王子 地蔵堂王子 馬目王子 中山王子 山口王子 川辺王子 中村王子 吐前王子
川端王子 和佐王子 平緒王子 奈久知王子 松坂王子 松代王子 菩提房王子 藤代王子 藤白塔下王子 橘本王子
所坂王子 一壷王子 蕪坂王子 山口王子 糸我王子 逆川王子 久米崎王子 井関(津兼)王子 河瀬王子 馬留王子
沓掛王子 馬留王子 内ノ畑王子 高家王子 善童子王子 愛徳山王子 九海士王子 岩内王子 塩屋王子 上野王子
津井王子 斑鳩王子 切目王子 切目中山王子 岩代王子 千里王子 三鍋王子 芳養王子 出立王子 秋津王子
万呂王子 三栖王子 八上王子 稲葉根王子 一ノ瀬王子 鮎川王子 滝尻王子 不寝王子 大門王子 十丈王子
大坂本王子 近露王子 比曽原王子 継桜王子 中ノ河王子 小広王子 熊瀬川王子 岩神王子 湯川王子 猪鼻王子
発心門王子 水呑王子 伏拝王子 祓戸王子 本宮大社 湯ノ峯王子 速玉大社 浜王子 佐野王子 浜の宮王子
市野々王子 多富気王子 那智大社 ■Template